TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】愛の戦士・シュメトフ兄弟が参戦 兄はシビサイ頌真と、弟は南アフリカ王者と対決

2019/12/05(木)UP

シュメトフ兄弟が来襲。初出場の兄・セルゲイ(右)と、弟・ビタリー(左) (c)RIZIN FF

 12月29日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『BELLATOR JAPAN』と、12月31日(火)に同場所にて開催される『RIZIN.20』の対戦カード発表が4日、都内にて行われた。

 まず31日(火)、”愛の戦士”ビタリー・シュメトフ(ロシア)が再び参戦。南アフリカの格闘技イベント「EFC」のライトヘビー級王者シモン・ビヨン(カメルーン)とRIZIN MMAルール(5分3R)93.0kg契約(ヒジあり)で対戦する。

”愛の戦士”ビタリー・シュメトフが、大みそかに南アフリカ王者ビヨンと対戦

 ビタリーはムエタイとサンボがバックボーン。10連勝中の2017年末より、ツイッター等でRIZIN出場のラブコールを送り続けてきた。今年の7月大会でついに初出場を掴むと、ジェイク・ヒューンと対戦。打撃戦を展開し出血によるTKO負けを喫するも、熱いファイトで日本のファンにその名を刻み込んだ。戦績は23勝10敗。
 ”愛の戦士”というニックネームを持ち、以前の来日では「10年前に初めて来日した時に知り合ったアキコに会いたい。試合が中継されるとのことでアキコも試合を見てくれるのでは」と昔の恋人との再会を目指すためにもRIZIN出場を志願しているようだ。

 対するビヨンはNBAプレイヤーを思わせる約2メートル近い身長と筋骨隆々の肉体を誇る。キックボクシングをベースとし、現在3戦連続KO勝利中。直近の試合は今年9月に南アフリカで行われたEFC(南アフリカのMMA団体)でのライトヘビー級タイトルマッチ。パンチによるTKO勝利でベルトを獲得した。二階から振り下ろされるようなパンチ、天を切り裂くような膝蹴りを武器とする。戦績は7戦6勝(5KO)1敗。

見事なバックブローを放つビタリー

 ビタリーは「私もRIZIN.20に参戦する事になりました!!!ウォォォォォォォォォォォォォ!!!!ヤルゾォォォォォォォォォォォォ!!!ガンバッテクダサイィィィィィ!!!デテコイヤ!!!」といきなりテンションの高いコメントを寄せる。さらに「RIZINはまるでサンタクロース。新年にプレゼントを贈ってくれる。戦士と観客への最高のプレゼント。それともシベリアの赤い兄弟がRIZINへのサンタクロースになるべきという暗示なのか? いずれにしろ我々もシベリアから沢山のプレゼントを持っていきます」とRIZIN愛を連ねるも、対戦相手に対してのコメントは特に無し。

 また「私はもう一つの奇跡を信じています。それはアキコが突然会場に現れてくれるという事です。彼女は私の戦士の傷跡を見て、私が愛の為に戦っていたという事に気づきます。私が日本で戦う理由は彼女の為だと」と昔の恋人に対しての思いも変わらないようだ。

 相手のビヨンは「アフリカ系ファイターの強さを日本で見せたいと思っている。対戦相手は好戦的だが、自分の打撃に付き合いきれずにタックルを仕掛けてくるだろう」とビタリーが得意とする打撃で上回ると宣言している。

シュメトフ兄弟の兄、セルゲイは12月29日にシビサイと対戦決定

 また、シュメトフ兄弟の兄セルゲイ・シュメトフ(ロシア)の初参戦も決定。日本ヘビー級ホープのシビサイ頌真(パラエストラ東京)とRIZIN MMAルール(5分3R)120.0kg契約(ヒジあり)で対戦する。
 
 セルゲイは弟・ビタリーと共に幼少の頃から習得したムエタイ、サンボをバックボーンとする。06年には日本のMARSに参戦し、野地竜太と対戦したが1RにTKO負けを喫した。その後は兄弟で極真ファイター・ニコラス・ペタスの元で1年間トレーニングを積み、08年には弟と共にオランダで研鑽を重ねる。その後、オランダやイスラエルのローカル団体で経験を積んだ。11年頃から試合より遠ざかっていたが、15年に復帰すると5連勝を飾った。
 今年の7月に弟・ビタリーがカットによるTKO負けを喫すると、敗因はセコンドの自分の責任であると猛省し、長文の反省文をRIZINへ送りつけた。今回は兄である自分が約4年振りに復帰し、弟の為にも戦う。

巌流島トーナメント初代王者をわずか25秒で仕留めたシビサイ

 相手のシビサイ頌真は身長191cm、108kgの「巌流島」がヘビー級の新星として期待をかけている選手。柔術、MMA(総合格闘技)の選手だが、現在は”全身凶器”として知られる伝説の武道家・倉本倉本成春師範から武術を学んでいるという。2017年5月より巌流島へ参戦し、4勝(4KO)1敗の戦績を挙げている。
 RIZINでは18年7月に『RIZIN.11』に初参戦、ボルドプレフ・ウヌルジャルガル(モンゴル)に判定3-0で敗れたが、19年10月大会では韓国版”バタービーン”キム・チャンヒをアームロックで秒殺に沈めた。

会見に出席したシビサイ

 セルゲイはコメントで「格闘技は常にたくさんの兄弟が活躍してきた。エメリヤーエンコ兄弟、ディアス兄弟、朝倉兄弟、オーフレイム兄弟、ノゲイラ兄弟、そして今年シュメトフ兄弟が台頭します。私は弟のビタリー・シュメトフが念願の愛に出会える事を切に願っています。勤勉で働き者の日本の方々に新年の幸せが訪れる事を願っています。私は白くて寒い大地からやってきた大柄な男。そうサンタクロース」と弟とほぼ同じノリで熱いメッセージを送った。
 
 シビサイは会見に来場し「一つだけ、ヘビー級の試合ってすげえな、シビサイ強いなと思ってもらえるよう死ぬ気で盛り上げます。自分が負けてしまったら、この国のヘビー級も同じになると思うので頑張ります」と日本のヘビー級を代表し、セルゲイを撃破すると意気込んだ。セルゲイは、海外MMA情報サイト「Sherdog」によると身長187.96cm、体重106.59kgと体格ではシビサイの方がやや上回っている。

<RIZIN.20 追加対戦カード>

▼RIZIN提供試合 RIZIN MMAルール 5分3R(120.0kg)※ヒジあり
シビサイ頌真
vs
セルゲイ・シュメトフ

<BELLATOR JAPAN 追加対戦カード>
▼RIZIN MMAルール 5分3R(93.0kg)※ヒジあり
ビタリー・シュメトフ
vs
シモン・ビヨン

●編集部オススメ

・”愛の戦士”シュメトフにヒューンが肘を叩き落としTKO勝利

・「アキコに会いたい」”愛の戦士”シュメトフのもう一つの悲願

・RIZINに猛アタックのシュメトフが念願の初参戦決定「うおおおおお!幸せの涙」(動画あり)

・【巌流島】シビサイが初代王者に番狂わせの圧勝劇を見せる

・朝倉海が、因縁の相手マネル・ケイプとバンタム級王座決定戦「一発失神させて黙らせる」(朝倉)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

新着情報




TOP > ニュース 一覧