TOP > ニュース 一覧

【ホーストカップ】王者チューチャイのムエタイ技術に挑む匡志「絶対ベルトを巻く」

2019/12/12(木)UP

王者チューチャイに挑む匡志、地元の声援を受け「絶対にベルトを巻く」

 12月15日(日)名古屋国際会議場イベントホールにて開催される『HOOST CUP KINGS NAGOYA 7』。本大会でHOOST CUP日本EXミドル級(70Kg)タイトルマッチに臨む王者チューチャイ・ハーデスワークアウトジム(ハーデスワークアウトジム)、挑戦者・匡志YAMATO(まさし・やまと/NJKF大和ジム)のインタビューが主催者を通じ届いた。

匡志はNJKF王座に続き二冠目に挑戦、目指すはWBC王座

 匡志は昨年5月に変わり者を下しNJKFスーパーウェルター級王座を獲得。同年9月にはラジャダムナンランカーのジョンホード・チューワッタナを3RKOするも、12月のWBCムエタイ日本統一スーパーウェルター級タイトルマッチではYETI達朗に1RTKO負け。今年5月にはISKAメキシコ ミドル級王者のトニー・アマヤに判定勝利も、10月には元ルンピニーランカーのペットワンロップ・ヨータラックムエタイに判定負けを喫した。強豪相手の対戦が続く中、HOOST CUPタイトルを足掛かりに悲願のWBCムエタイ王座獲得を目指す。

 匡志はかねてからHOOST CUPのベルトを巻くことはイメージしていたと言い、「チューチャイ選手とは闘うなと前から思っていました」と、この一戦は予感していた戦いだったことを明かす。「細かいテクニックがあり、なかなかクリーンヒットさせてくれない」とチューチャイを分析した上で「前回の試合ではタイ人選手に気持ちでは勝っていたなと思いましたが、今回は気持ちでも結果でも勝って、必ずHOOST CUPのベルトを巻きます!」と気持ちで勝ちきる構えを見せる。

10月にはペットワンロップに惜敗するもローを効かせて肉薄した

 2本目のベルト獲得のチャンスを得た匡志だが、その挑戦のモチベーションになるのは「応援してくれている人たち」だという。自らの武器を問われても「応援してくれる皆さんのことを力にすること」と、ファンや支援者の気持ちを背負い戦う姿勢を見せる匡志。その匡志にとって、地元名古屋での一戦は何より大きな武器を手にできる舞台だろう。「今年最後、地元名古屋で大きなチャンスをいただいたので、絶対ベルトを巻いて最高な一年を締めくくりたいと思います!」と今年最後の大一番に臨む匡志。強豪と戦い続けたキャリアの集大成をチューチャイにぶつけ、地元ファンの歓声を浴びることができるか。

チューチャイは国内強豪を数々撃破、昨年2月には村井崇裕を破りWPMF日本王座も獲得

 対するチューチャイは、シュートボクシングやRISEのリングで活躍するタップロン・ハーデスワークアウトと同門。元ラジャダムナン5位、ルンピニー6位の実績を持ち”アメージングムエタイ”と呼ばれるムエタイ技術を駆使し“4冠王”ダニロ・ザノリニ、WPMF日本王者・村井崇裕ら強豪を撃破。今年11月には緑川創に敗北するも、高い技術を見せつけ緑川を苦しめた。

 チューチャイは挑戦者として迎える匡志の印象を「今度の相手はかなり強いです!」と最大限に警戒。しかし「私にとって仕事であり人生のすべて」と誇るムエタイの技術に疑いはなく、「キックとパンチを効果的に出してムエタイテクニックで私が勝ちます!」と勝利宣言を見せた。日本国内でも多くの強豪と拳を交え、ファンにもその名が通ったチューチャイ。タイトルマッチを観戦するファンへ向けて「今回の試合、ガンバルヨ!応援よろしくお願いします!!」と陽気に、そしてパワフルにメッセージを送った。

☆12.15『HOOST CUP KINGS NAGOYA7』イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・“アメージングムエタイ”チューチャイが地元名古屋の匡志YAMATOと対戦

・[前回の試合]匡志が"ルンキットの兄貴分"にローで迫るも惜敗(記事下段)=2019年10月

・[前回の試合]緑川がチューチャイに1点差の僅差判定勝利(記事中段)=2019年11月

・大石駿介、二度目の世界王座防衛戦は「スカッとKO、サクッと倒す」

・世界を目指す大﨑一貴、タフな元MAX FC王者相手に「しっかりKO」と自信有り

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧