TOP > ニュース 一覧

【ラウェイ】大阪初上陸、長島☆自演乙☆雄一郎、東修平ら参戦決定

2019/12/25(水)UP

長島自演乙がラウェイ初参戦(写真は2010年K-1 MAX日本代表決定トーナメント決勝戦)

 2020年2月22日(土)、エディオンアリーナ大阪第2競技場にて『ラウェイinジャパン15~絆~関西対ミャンマー 5対5』の開催が発表された。ラウェイは関西初上陸となる。

 この大会名通り、関西選抜とラウェイ選抜の一戦となるが、関西選抜には、かつてコスプレファイターとして名を馳せた長島☆自演乙☆雄一郎(35)の出場が発表された。

長島(右)の入場テーマ曲を制作・歌唱した元祖アキバ系女王の桃井はるこさん(左)と、お揃いのセーラー服でご満悦(09年3月)

 長島は日本拳法をベースに『K-1 WORLD MAX 2010 -70kg Japan Tournament』で全試合KO勝利で優勝、同年大みそかの『Dynamite!! 』で青木真也にKO勝利している。

 以降、RISEやホーストカップに出場。今月12月1日には大阪市内で自身のジムとなる『02GYM(オツジム)』をオープン。関西代表、さらにジムの会長として、ミャンマー選手に負けられない一戦となる。

 さらに関西選抜の1人に日本ラウェイ界の看板選手でもある東修平(AACC)が参戦する。

前回大会でメインを務めた東は流血の激闘もドロー(19年10月)

 東のミャンマー戦績は6戦1勝1敗4分け。今年は4戦しており2月にパンチ連打でわずか49秒で幸先良くTKO勝利で飾ったが、5月はミャンマーの頭突き得意の選手に付き合い、頭突きの応酬で出血しドクターストップでTKO負け。
 7月の再起戦はあと一歩のところまで追い詰めるも引き分け(ラウェイはKOかTKO以外は判定はなく引き分けとなる)。
 10月も流血の激闘も、もう一歩でダウン奪えず引き分けた。
 東はSNSで「僕にしかできない真っ向勝負のラウェイを観にきてください! 僕は地元が三重県で、三重県から大阪に住むたくさんの友達が観にくるのでいつも以上に気合い入ってます」と綴っている。

 また、ムエタイで100戦以上の戦績を持つジョー・セイシカイ(タイ=NJKF誠至会)も大阪に拠点を持つ誠至会を代表し関西選抜として参戦。ジョーは今年7月に健太と対戦し強さを見せるも2Rで健太の右フックがヒットしKO負け。ラウェイで本来の強さ発揮に期待したい。

【大会概要】
大会名『ラウェイinジャパン15 ~絆~ 関西 対 ミャンマー 5対5』

2020年2月22日(土) 午後3時開始
会場:エディオンアリーナ大阪第2競技場
主催:ベラジオコーポレーション
運営:ILFJ

出場決定選手 (試合契約体重は現在最終確認中)
<関西選抜>
◇ 長島☆自演乙☆雄一郎(02GYM/魁塾)
◇ 東修平(AACC)
◇ 真虎斗a.k.aBASTA(Team BASTA)
◇ 殿(NJKF心将塾)
◇ JOE SEISHIKAI(タイ/NJKF誠至会)

●編集部オススメ

・【ラウェイ】東が流血の激闘もドロー、渡慶次はKO勝利、唯我は女王ユリアのパンチで鼻骨骨折の疑い

・元K-1日本王者・コスプレファイターの長島☆自演乙☆雄一郎が大阪にジムオープン

・【アクセル】12.28 自演乙の師匠・黒田が61歳でキック防衛戦、横山剛は強豪ブラジリアンと空手防衛戦

・【ボクシング】リングガールも話題のトリプル世界戦、会場では声援も

・【RIZIN】那須川天心が漫画『鬼滅の刃』で呼吸法に開眼、相手の動きだけでなく「呼吸を読む」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧