TOP > ニュース 一覧

【K-1】KANA、次の目標は”絶対王者”「選手はこの舞台を目指してほしい」=一夜明け会見

2019/12/29(日)UP

王座を戴冠したKANA(C)AbemaTV

 1228日(土)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催された『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~』の一夜明け会見が29日(日)名古屋市内にて行われた。

 K-1史上初の『K-1 WORLD GP 初代女子フライ級王座決定トーナメント』に挑み、初代K-1 WORLD GP 初代女子フライ級王者に輝いた、KANA(27=K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)が出席した。

 KANAは1回戦でクリスティーナ・モラレスと対戦すると、終盤にショートフックでダウンを奪って判定勝利。決勝ではこれまで2度対戦し1勝1敗のヨセフィン・ノットソンと対戦。延長戦にまで突入したが、KANAが僅かに上回って判定勝利でベルトを巻いた。

延長戦を制してベルトを巻いたKANA(右)

 KANAは「昨日のトーナメントは本当に外国人選手3人のお陰で価値のあるトーナメントになったし、ライバル同士これからもストーリーが続くと思いました。1日に2試合やって体は疲れましたが、ベルトを巻くことができて良かったです」とコメント。

 強豪外国人選手に対して「本当に作戦通りに動けて練習は裏切らないと感じました」と語るように、うまく戦えたことがトーナメント制覇に繋がったという。

K-1の歴史に名を刻んだKANA

 この1年を振り返ってノットソンに3月に敗れてから遠回りしてしまったというが、「そのお陰でトーナメントも実現した。たくさんの人のお陰でトーナメントが実現して、チャンピオンになれたので良かったです」と回り道がストーリーも作ったと言う。

 王者として今後は「K-1に女子の階級ができて、世界中からベルトを奪いにくる選手も出てくると思うし、日本の選手もこの舞台を目指してほしい。自分は絶対王者としてやっていきたいです」と力強く意気込んだ。

 

●編集部オススメ

・今大会の全試合結果&試合レポート

・KANAが初の女子フライ級王座を戴冠、K-1を背負う存在に

・KANA、最終Rにダウンを奪い決勝進出

・武尊vs江川優生、超エキシビションな攻防を展開(動画あり)

・木村ミノルが連打の渦に巻き込み衝撃KO勝利、2019年を全試合KOで締める(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧