TOP > ニュース 一覧

【K-1】武居由樹、超強豪タイ人に苦戦も「初めて楽しいと思えた」=一夜明け会見

2019/12/30(月)UP

右手に包帯を巻き、一夜明け会見に出席した武居(C)M-1 Sports Media

 1228日(土)ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)で開催された『K-1 WORLD GP 2019 JAPAN ~初代女子フライ級王座決定トーナメント&スーパー・ライト級タイトルマッチ~』の一夜明け会見が29日(日)名古屋市内にて行われた。

 今年4戦4勝4KOと絶好調で今年の最終戦に臨み、ムエタイ強豪のスリヤンレックに判定勝利を収めた、武居由樹(POWER OF DREAM)が出席した。武居はスピードでスリヤンレックを圧倒して3度のダウンを奪い勝利したが、3Rに怒涛のパンチで攻めこんでくるスリヤンレックに動きが鈍り、ヒヤリとした場面もあった。

コメントする武居(C)AbemaTV

 武居は「昨日は応援ありがとうございました。スリヤンレック選手の気持ちが強くて、3Rちょっとみっともない試合になったけど勝てて良かったです。こういう強い選手とこれから試合をしていきたいと思っています」とコメント。手には包帯が巻かれており、それについては「殴りすぎちゃって痛めて、折れているわけではないのでしっかり治します」とじっくり完治させるという。

 スリヤンレックとの激闘を演じて、「(元々)激闘に持ち込む気持ちはあったが、(1Rにパンチが)効いて倒しに行こうとしすぎました。(古川会長からの指示もあって)2Rからは冷静に戦いました」と1Rにダウンを取ったことで前に出過ぎたことを反省点に挙げた。

 武居のパンチをもろに食らいながらも、立ち続けたスリヤンレックに対して「恐怖感はありました。なんで倒れたのに立ってくるんだと。普通の選手だったら終わっているのにと感じました」と手応えのあるパンチでダウンを奪っても向かってくる相手に驚いた一面も。

超激闘型のムエタイ戦士スリヤンレックのボディに、パンチを打ち込む武居

 しかし、「昨日の試合で初めて試合していて楽しいなと思えた、KO出来なかったのは悔しいのでやりたいし、スリヤンレック選手じゃなくても強い選手とやっていきたいです。全然名前ない選手倒しても満足できないので、こういう強い選手とやりたいです」と、恐怖感を感じたのにも関わらず”楽しかった”という。

 来年は「強いタイ人とやったり、自分の仕事はベルトの価値をあげていくことと(K-1の)舞台の価値を上げていくことなので、もっと頑張っていきます。応援よろしくお願いします」と意気込んだ。

●編集部オススメ

・今大会の全試合結果&レポートはこちら

・この試合のレポートはこちら

・安保瑠輝也がまたしてもゲーオと延長戦に、笑顔なき僅差での王座初防衛(動画あり)

・木村ミノルが連打の渦に巻き込み衝撃KO勝利、2019年を全試合KOで締める(動画あり)

・武尊vs江川優生、超エキシビションな攻防を展開(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧