TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】井岡一翔、2020年は「さらなる高みを目指す」と統一戦にも意欲

2020/01/01(水)UP

サングラスをかけて一夜明け会見に臨んだ井岡

 2019年12月31日(火)、東京・大田区総合体育館でジェイビエール・シントロン(プエルトリコ)に判定勝ちを収め、WBO世界スーパーフライ級王座の初防衛に成功した井岡一翔(Reason大貴)が激闘から一夜明け、都内で会見に臨んだ。

 米国キャンプを経て試合に臨み、“勝ちにこだわるボクシング”という求めていた成果を昨夜は存分に発揮できた。
「鏡を見なくても視界がすごく狭まっているので、結構パンパンに腫れているだろうなって分かる。厳しい試合のなか、気持ちの強さとセコンドの指示でやってきたことを信じて戦ったから勝てた」

19年大晦日、シントロンにボディブローをクリーンヒットさせる井岡

 1年前の中国マカオでは、ドニー・ニエテス(フィリピン)とのWBO世界スーパーフライ級王座決定戦に判定で敗れ、翌日に虚無感を味わった。
「去年はよくわからない新年だった。とりあえずおせち料理も頼んだので、家でゆっくりしたい」
 井岡は日頃から、積極的に育児に協力しているが、米国キャンプから戻っても妻に任せきりだったと言う。そのため、新年は再び“イクメン”に戻ることも宣言した。

19年6月、4階級制覇に成功し歓喜の雄叫びを上げる井岡

 日本人男子史上初の4階級制覇達成を始め、充実度の高い2019年が終わり、井岡が2020年の意気込みを語る。
「さらなる高みを目指して、見たい景色を追い求めてきたい。具体的には対戦相手と戦うこと。やりがいがあって、観ている人にも緊張感のある試合ができるように、統一戦だったりとか世界的に名の知れた選手とやっていきたい」
 最も戦いたい相手にはWBC世界同級王者ファン・エストラーダ(メキシコ)を挙げた。

 先日の会見では、かねてから対戦が望まれていた、元4階級制覇王者ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)戦にも意欲を示していた井岡。2020年はエストラーダとの統一戦、ロマゴンとの対戦の実現に期待したい。

●編集部オススメ

・井岡一翔、被弾で顔を腫らすもボディを効かせ初防衛

・井岡一翔ら世界戦ラウンドガール、大晦日ビキニも「会場の熱気でむしろ汗」

・井岡一翔が勝利後はロマゴン戦へ意欲、ロマゴンは井岡に勝つ自信

・井岡一翔がパリクテを10R TKOで下し日本人初の4階級制覇に成功=19年6月

・井岡の表彰式で目立ちすぎのラウンドガールは、ミスマガジンの岡田佑里乃

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧