TOP > ニュース 一覧

【ムエタイ】小笠原瑛作がタイのテレビマッチでTKO勝ち、盟友・潘隆成も手負いで気合の勝利(動画あり)

2020/01/23(木)UP

TKO勝利した小笠原 @eisakulaion より

Chang MuayThai Kiatpetch Super Fight
1月19日(日)タイ ノンタブリー県 オトコー3スタジアム

▼アマリンTVスーパーファイト 124p契約
○エイサク・PKセンチャイムエタイジム※小笠原瑛作
3R TKO ※左ローキックからのダウンによるレフェリーストップ
●デックドーイ・TNムエタイジム

 レベルス軽量級エース・小笠原瑛作がムエタイ本場・タイで2020年一発目の勝利をKOで飾った。小笠原は2月29日に開幕するREBELS RED(※ヒジあり)55.5kg王座決定トーナメント一回戦(vs壱・センチャイジム)を控え、昨年12月上旬からタイ修行を敢行している。

 お互いにサウスポー同士の対戦。
 1R、序盤からミドル・ローと攻める小笠原。デックドーイは早くも小笠原の左ローを嫌がる。小笠原はローにこだわりすぎることなく、パンチやハイキックも繰り出す。

タイへ撮影に来たぱんちゃんともばったり。タイ修行中の小笠原(左)と藩(右) @eisakulaion より

 2R、デックドーイがパンチ主体の猛攻に出るも、小笠原は落ち着いてブロックし、首相撲へ持っていく。小笠原の左ローが効いてきたようで、蹴られると体勢を崩すデックドーイ。
 終盤は激しい打ち合いに。小笠原のパンチがヒットするも、耐えて右ミドルを蹴りまくるデックドーイ。

 3R、被弾の多いデックドーイは接近、首相撲勝負を仕掛けるも、小笠原も応戦。ヒジを交互に打ち合う場面も。打ち合いの中で小笠原の左ローがクリーンヒットし、ついにデックドーイがダウン。立ち上がるデックドーイだが、小笠原のとどめの左ローに崩れ、レフェリーが試合を止めた。

 小笠原は昨年8月江幡塁戦、11月のサオエーク・シットシェフブンタム戦での2連敗からの再起に成功。弾みをつけレベルス王座トーナメントに臨む。

▼小笠原の試合動画

▶次ページは潘隆成の試合レポートと動画

●編集部オススメ

・小笠原瑛作、壱・センチャイジムら参加の55.5kg王座決定T開催、優勝者はKNOCK OUT王者の江幡塁に挑戦

・小笠原瑛作&ぱんちゃん璃奈と『スターダム』岩谷麻優&中野たむが対談

・小笠原瑛作が右フック一撃KOで世界二冠王に

・ぱんちゃん璃奈、宇宙人ヘアで計量パス「心はクレイジーに、頭はクレバーに戦う」

・KINGレイナと本野美樹が、タイのロケット軍団と対戦決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧