TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】田中恒成、井岡との対戦指令は「まだ聞いてない、一戦挟みたい」

2020/02/07(金)UP

2019年度の優秀選手賞の一人に選ばれた田中恒成

 2月7日(金)に都内ホテルでボクシングの19年度の『年間優秀選手表彰式』が行われ、7名の優秀選手賞の一人に選ばれた前WBO世界フライ級スーパー王者の田中恒成(24=畑中)は表彰後、スーパーフライ級転向を決めた近況を囲み会見で答えた。

 プロ転向後、最初の拠点階級だったミニマム級の時代から、減量はやや過度に行って来たと田中は語り、「ベストコンディションで試合に臨めたことはない」とも明かしてきた。それでも2019年大晦日に東京・大田区総合体育館でウラン・トロハツ(中国)を3回KOで退けた3度目の防衛戦では「かつてなくいい体調だった」とも改めて振り返っている。

昨年の大晦日、V3戦での田中。この試合でスーパー王者となるも階級変更のためタイトルを返上した

 この試合でスーパー王者に昇格したものの、今年1月31日にタイトルを返上して日本人2人目の4階級制覇を目指し1つ上のスーパーフライ級へ転向。米国メディアの「Boxing Scene」では、早速、WBOが「正式に同級王者の井岡一翔との対戦指令を出した」と報じられている。

 これについて田中本人は「まだ聞いていません」と答え、まずはノンタイトル戦でスーパーフライ級の試合に臨みたいとコメントし、「団体を問わず、どんな形でもいいから4階級制覇をしたい」と、自身は焦っていないことを強調した。

同じく優秀選手に選ばれた京口紘人(左)と笑顔で写真撮影に応じた

 2月4日の会見でも世界戦の前に1戦挟みたいと希望していた田中。そして「どのチャンピオンともやってみたいが、特にやってみたい相手は、エストラーダか、井岡選手」と語っている。年内にも4階級へのタイトルマッチの実現が濃厚と見られる。

●編集部オススメ

・田中恒成が4階級制覇を視野に階級アップ、井岡一翔戦も希望

・田中恒成がアッパーで3回KO勝利、圧勝でV3達成「手応えあった」

・年間MVPは井上尚弥、KO賞は村田諒太、年間賞 受賞者一覧

・井岡一翔ら世界戦ラウンドガール、大晦日ビキニも「会場の熱気で平気」

・井岡一翔、2020年は「さらなる高みを目指す」と統一戦にも意欲

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧