TOP > ニュース 一覧

【K-1】2019年MVPはフェザー級王者・江川優生「K-1の顔に」“Matt化”写真も贈られる

2020/02/13(木)UP

プレゼンターのMatt(左)と江川(右)

 2月12日(水)都内にてK-1 JAPAN GROUPの年間表彰式として「K-1 AWARDS (アウォーズ) 2019」が開催された。K-1、Krush、KHAOSやアマチュア大会で活躍中の選手たちが式に出席し、様々な賞を受賞した選手が登壇して喜びを語った。

 今年のMVPは第3代K-1 WORLD GPフェザー級王者・江川優生(22=POWER OF DREAM)に決定した。

まさに飛躍の一年になった江川(右)

 江川は、昨年1月のKrushフェザー級タイトルマッチで、西京春馬に判定勝利してKrushのベルトを戴冠。6月にはTETSUを1RでKOして初防衛に成功。11月の『K-1 WORLD GPフェザー級王座決定トーナメント』では3試合全て1RKO勝利で圧倒的な実力を見せつけ、K-1とKrushの二冠王に輝いた。3月のビッグマッチでは、Krushのベルトを返上して南米のWGP Kickboxing 世界王者、ファク・スアレスを迎え撃つ。

喜びを語る江川

 見事にMVPを受賞した江川は「まず、沢山いる選手の中からこのような賞に選んでいただきありがとうございます。Krushのベルトに続いてK-1のベルトも獲れて、昨年は飛躍の年になりました。この賞を今年獲れなかったら、もう獲る機会がないと思っていたので嬉しいです。K-1の選手ではなくてK-1の顔になれるように、これからもっと盛り上げていくので応援よろしくお願いします」と感謝の意と今年の意気込みを語った。

自撮りするMattと江川

 また、賞のプレゼンターとして、タレントで音楽家のMatt(マット)が登場した。Mattは元プロ野球選手の桑田真澄の次男で、Matt化という写真加工でも人気を集めている。Matt化とは人物をまるでマネキンやフランス人形のような上品な顔立ちに仕上げる加工の事をいう。

 Mattは「加工とメイクと音楽しかやってない僕がここにいていいのか(笑)なぜかわからないけど嬉しく思います。K-1は生で観たことがないので、生で観れたらいいなと思います。江川選手おめでとうございます」と江川を祝福した。

Mattと江川がMatt化したツーショット写真(@yuuki_egawaより)

 フォトセッションではMattが江川と自撮りをして、最優秀選手賞の祝福の品として“Mattした写真がプレゼントされることに。その後、江川はSNSで写真を公開し「マットさんと2shot。自分も今流行りのMatt化させて頂きました。ありがとうございます☆」とコメントしている。

 表彰式の後の囲み取材で江川は、魔裟斗からの期待のコメントを受けて「去年は何の賞も頂いていなくて、去年から1年でここまで成長できるとは思わなかったので嬉しいです。注目される選手になったので期待を裏切らない選手になっていきたい」とK-1を牽引する側という自覚が芽生えているようだった。

●編集部オススメ

・3.22 江川優生がKrush王座を返上し大舞台へ、南米の世界王者迎え「カウンターにカウンターを合わせる」

・江川優生、決勝は最短の60秒KOで完全制覇しフェザー級新王者に(動画あり)

・武尊vs江川優生、超エキシビションな攻防を展開(動画あり)

・期待の美女ファイター・菅原美優が計量パス

・安藤美姫が初のキック体験、強い体幹にパワフル打撃で快音響かす

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧