TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】朝倉未来「浜松によく喧嘩で来ていた」サラス「同じメンタル、嬉しい」=2.22浜松

2020/02/20(木)UP

対戦カード発表会見でサラスのパネルを持つ朝倉未来

 2月22日(土)静岡・浜松アリーナで開催される『RIZIN.21』に出場する選手の個別インタビューが、20日(木)浜松市内にて行われた。

 メインイベントのRIZIN MMAルール : 5分3R(68.0kg)※肘ありに出場する朝倉未来(27=トライフォース赤坂)とダニエル・サラス(31=メキシコ/BONEBREAKERS TEAM)がインタビュ―に応じ、意気込みを語った。

RIZIN.17で矢地に強烈な左ストレート決める未来

 フェザー級のエースとして昨年の勢いをそのまま持ち込みたい朝倉。今年初の相手はメキシコのサラスだ。スイッチを織り交ぜ長い手足から繰り出される打撃はトリッキーで読み辛いく、グラウンドに行けば絡みつく様に首を狙ってバリエーション豊富なチョークを狙う器用さを併せ持つ。 

 そのサラスの印象を朝倉は「トリッキーでやりにくい、タフな選手」と警戒も「殺傷能力を魅せて、倒せる試合をしたい。練習をしてきた右のパンチに期待してほしい。フィニッシュする試合をしたい」と語る。

大晦日、ベラトールvsRIZIN対抗戦の大将戦で強烈なパンチを放つ朝倉

 朝倉の地元は愛知県豊橋市だが、浜松までは普通電車で30分。浜松にはよく喧嘩にも来ていたという。またプロデビュー戦も浜松で「初心を思い出す意味でも良いかな」と語った。

 対するサラスもメキシコの貧しい地域で育ち路上や学校で喧嘩をしていた。朝倉が喧嘩を繰り返してきた過去を伝えると「同じメンタルを持っていることは嬉しい。路上で戦うには特別なメンタルを持っていないと出来ない。裕福な家庭に育って格闘技をやっている人のメンタルとは違う。メキシコの貧困のなかで生きるのは大変なんだ」と喧嘩師同士の対戦にワクワクのようだ。

長いリーチから鋭いパンチを放つサラス(@cazadormmaより)

 勿論、ただの喧嘩ではなく「打撃、クリンチ、グラウンド、すべての展開をみせられる試合になる」とテクニックでも見せつけると予告した。

 打たれ強く、フルラウンド戦い抜くスタミナを持った粘り強いファイターを朝倉がいかに攻略し、2020年を見事にキックオフする事ができるのか期待される。

☆2.22RIZIN浜松大会の対戦カード、イベント日程はこちら

●編集部オススメ

・朝倉未来が”新スタイル”に自信、サラスを「一撃で倒せるかな、理想は2R終盤」

・朝倉海が挑発するシバターを23秒で絞め落とす「俺の本気はRIZIN、会場に観に来て」(動画あり)

・【RIZIN】2.22浜松・全試合順決定、メインは朝倉未来、セミにビクター・ヘンリーvs“国内裏最強”金原正徳

・朝倉未来「五味選手が俺を睨んでいた」多くのファンから期待の声も

・【RIZIN】2.22 テレビ、ネット配信スケジュール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧