TOP > ニュース 一覧

【K-1】関根勤も期待、3度目の愛鷹vsカリミアン「俺は絶対諦めない、王者になる」=愛鷹 試合後会見

2020/03/23(月)UP

試合後会見に出席した愛鷹

 3月22日(日)『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K’FESTA.3~』(さいたまスーパーアリーナ)で行われた「K-1 WORLD GPクルーザー級タイトルマッチ」で、王者シナ・カリミアン(イラン/POWER OF DREAM)とダウンの応酬を演じ、判定3-0(三者とも28-27)で一歩届かなかった愛鷹亮(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)が試合後、会見に応じた。

愛鷹に、ヒザで攻め込むカリミアン

 両者は昨年8月、K-1大阪大会のノンタイトル戦で対戦し、愛鷹が右のブーメランフック一発で衝撃KO勝利。今回はタイトルマッチとなり、90kgのクルーザー級に相応しいド迫力の試合を展開した。愛鷹は1Rから全力ブーメランフックで王者を下がらせる。警戒するカリミアンは手が出なくなり、崩れ気味になったところでダウンを取られたが、2Rになり、押され気味の中で放ったバックハンドブローが愛鷹にヒットしダウンを奪う。3Rにはダメージが残るも愛鷹はブーメランフックを出すがカリミアンのヒザで攻め切られた。

 愛鷹は「本当に悔しいの一言です。強かったですね。前回より強かったです。俺が未熟だっただけですね。自分を出し切れなかったことですね。もっと出せたはずなのに、言ってたら言い訳になるけど正直な気持ちです」と悔しさを滲ませた。

2R、カリミアンのバックハンドブローでダウンを喫した愛鷹

 敗因としては「1Rで、ダウン奪ったところで気が抜いちゃったところもあると思います。後1分あると思ったけど4秒しかなくて、後半ラウンドに反撃を許しちゃったのが自分の甘さです」とダウンを奪い、その気の緩みが2R中盤にダウンを奪われ、3Rにも反撃を許してしまったと語った。とはいえ甲乙付け難く、勝利までもう一歩だった。
 軽、中量級の試合が中心の中で、二人の重量級の迫力ある激闘は解説の関根勤も「もっと見ていたい試合です。両者また対戦するのは大変だろうけど」と語っていたほどだ。

 最後に愛鷹は「俺は絶対諦めないです。K-1チャンピオンになります」と王者を目指すとした。3度目の正直なるか。再戦実現に注目が集まる。

☆この大会の全試合結果はこちら

●編集部オススメ

・カリミアンがダウン応酬の激闘の末、“宿敵”愛鷹亮を退け王座防衛(動画あり)

・[前日計量]愛鷹亮が必殺”エレファントパンチ”でKO宣言、カリミアンは王座防衛に自信

・武尊が「他団体とか関係ない大会を」と涙の訴え、魔裟斗「叶えてあげるのが大人の役目」(動画あり)

・武尊「いろんなことが重なって」=試合後会見

・2019年8月の愛鷹亮vsカリミアンの試合

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧