TOP > ニュース 一覧

UFC初のコロナ感染した元ベラトール王者、完治し抗体を提供「多くの人を助けたい」

2020/04/21(火)UP

元ベラトール王者のグッドが新型コロナ陽性だった @lymangoodmma より

 現在はUFCで活躍する、元Bellator世界ウェルター級王者ライマン・グッド(34=アメリカ)は、自身が新型コロナウイルス陽性だったと明かした。ESPNが報じた。

 UFCの現役ファイターで、正式な医療検査により陽性だったと明かした例は初。

 グッドは2009年に、デビュー10連勝のままBellator世界ウェルター級王座を獲得した強打者。UFCには15年から参戦し、3勝2敗。
 4月18日開催予定だった『UFC249』にも参戦予定だったが欠場。メディアには”ケガのため辞退する”としていたが、UFCには”新型コロナウイルス陽性のため”と伝えていた。

 グッドは約4週間前の朝、非常に弱った感じで目が覚め、「呼吸が苦しく、正常ではないとわかった」と大きな異変があったと言う。

相手のアゴを完全に歪める強打を放つグッド @lymangoodmma より

 同居する恋人と共に検査を受けに行くと、二人とも陽性の結果が出た。彼が周囲にそれを知らせると、彼のコーチにも陽性の結果が出た。「責任を感じてしまう」とグッドは言う。グッドは約1週間咳などの症状に苦しんだが、彼や恋人、コーチも無事回復したと語る。

 回復した今になって、陽性だったことを明かしたのは「自分が新型コロナウイルスにかかったことを発表するのは、完全に回復してからにしたかったんだ。ハッピーエンドにしたかったから。より多くの人を恐れさせたくなかったんだ」とのこと。

 グッドはつい先週、再び検査へ行き自らの抗体を提供した。「ウイルスに苦しんでいる多くの人を助けたい。ネガティブをポジティブに変えたいんだ」と語るグッド。

 この抗体提供について、編集部が内科の専門医に確認したところ、日本よりも主に海外で見られる感染症の治療法の一つとする。新型コロナウイルスにかかると、体内に抗体ができる。その抗体がコロナウイルスをやっつけるが、その抗体が体内にできるまで約1週間以上もかかり、患者は苦しむのだという。現在完治したグッドは自らの抗体を提供し、一人でも多くの患者を救おうと動いた。

 現在、完治はしたものの、新型コロナウイルスは、彼の肺に「大惨事をもたらした」ので、復帰するには練習期間が必要だと言う。しかしあまり長い間を空けすぎずに、オクタゴンに戻りたいと言う。

まるで”美女と野獣”な恋人とのツーショット写真を投稿し、メッセージを送る @lymangoodmma より

「私は幸運にも、病気を打ち負かすことが出来た。この状況を乗り越えて、繋がりを持ち続けよう。前向きでいよう。この先には、もっと良い時代が待っているさ」と語るグッド。

 グッドは2日前のSNSで、恋人とのツーショット写真をアップし「暖かい日もあれば、寒い日もある。厳しい時は、周りの人との絆を強くする機会だ。ヒステリーが、あなたと人々の間に入り込みませんように。私たちは繋がっている」と綴っている。

●編集部オススメ

・元ONE王者 ホジャー・グレイシーがコロナ感染、若く健康な者も「無視出来ない」

・【UFC】アンソニー・スミス、自宅侵入者と大格闘「人生で最も厳しい戦いの一つだった」

・女子看護師ファイターが、コロナ災禍のニューヨーク市病院勤務に志願「オクタゴンへ入るのと同じ」

・原口健飛、コロナ禍で生まれた時間からの気づき「練習だけが全てじゃない」

・【フィットネス】コロナ禍で”筋肉”美ボディコンテストがオンライン化に

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧