TOP > ニュース 一覧

【修斗】”ジャーマン連発”倉本一真と環太平洋王者・岡田遼が世界暫定王座戦で激突

2020/05/06(水)UP

世界バンタム級暫定王座決定戦で対決する倉本(左)と岡田(右)

 緊急事態宣言の延長により無観客の『ABEMA』テレビマッチとなった5.31プロ修斗公式戦。

 そんな中、プロ修斗31年の歴史に於いて初めて世界暫定王者を決めるカードが実現する事となった。

 現在の世界バンタム級王者は佐藤将光だが、昨年5月からONEチャンピオンシップに参戦し、現在3連勝中。ONEの世界王座を狙っており、現在、ONE世界ランキング2位。ONEに集中するべく、なかなか防衛戦ができないことから暫定王者が設立されたと思われる。

 この暫定王座戦に第8代環太平洋王者・岡田遼(パラエストラ千葉)と世界同級2位の“投神”倉本一真(修斗GYM東京)が対戦する。

昨年1月、当時の環太平洋バンタム級王者・祖根にパウンドで初回KO勝利し王座奪取した岡田(右)

 昨年、岡田は初防衛を果たし、今年に入り更なるレベルアップを図るべく元修斗バンタム級世界王者の堀口恭司(元RIZIN、ベラトール王者)が所属しているアメリカントップチームのトレーニングキャンプに参加。MMA先進国のアメリカで最新の技術やフィジカルトレーニング、試合へ向けての取り組み方などを学び、データの蓄積に基づいたシンキング・MMAに更に磨きを掛けた。

 その岡田遼の前に立ち塞がるのが7戦全勝、昨年のMVPとベストバウトをダブル受賞した“投神”倉本一真だ。
 倉本はレスリングのグレコローマンスタイルを見事なまでにMMAにアジャスト。7戦のうち5つのKO勝利があるが全てが投げによるダメージでKO勝利を奪っている。そして年間ベストバウトに選出された昨年11月の根津優太戦では高角度ジャーマンを連発。3R開始直後に危険と判断したセコンドがタオルを投入し、格闘技史上稀に見る激闘に幕を下ろした。

昨年11月の試合で合計8発のジャーマンスープレックスを決めた倉本(下)。年間ベストバウトに選ばれた

 倉本はレスリングで勝つのではなく、レスリングを“活かして”勝つパターンを確立しているが、果たして岡田に通じるのか?
 勝者は正規王者・佐藤将光との統一戦が控えている。正規王者佐藤将光の前に立つのは岡田か、ジャーマンの倉本か。

[決定対戦カード]
◎世界バンタム級暫定王者決定戦5分5R
岡田 遼(同級1位・環太平洋王者/パラエストラ千葉)
vs
倉本 一真(同級2位/修斗GYM東京)

□大会概要
[大会名]プロフェッショナル修斗公式戦
     PROFESSIONAL SHOOTO 2020 Vol.3 ABEMAテレビマッチ
     Supported by ONE Championship
[日時]2020年5月31日(日) ※試合開始時間等は決定次第発表
[後援]ONE Championship
[認定]ISC
[協力]一般社団法人日本修斗協会
[主催]株式会社サステイン
[お問い合せ]株式会社 サステイン 03-3788-3042
※今大会は無観客大会で実施、大会の模様はインターネットテレビ局「ABEMA(アベマ)」にて生中継

●編集部オススメ

・倉本一真が驚異のジャーマン8発で根津優太を粉砕=19年11月

・中国拳法の大会にジャーマン決める強者出現

・【ボクシング】タイソン現役ばりパンチ連打が話題、UFC戦士も驚愕した動き

・朝倉未来が鉄パイプでKOされた壮絶”しくじり” も! 少年院経て不良たちに送るメッセージ

・岡田遼が祖根寿麻を初回KO、新王座に就く=19年1月

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧