TOP > ニュース 一覧

【Krush】6.28後楽園、王者・佐々木大蔵vs近藤拳成のタイトル戦が決定、チケット販売は後日発表

2020/05/23(土)UP

5月に対戦予定だった佐々木(左)と近藤(右)が6月大会で激突

 6月28日(日)東京・後楽園ホールにて開催されるK-1グループのキックボクシングイベント『Krush.114』の対戦カード発表会見が22日に行われ、K-1公式インスタライブにて配信された。

 Krushスーパー・ライト級王者・佐々木大蔵(29=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)の出場が決定。近藤拳成(20=大成会館)を挑戦者に迎えて「Krushスーパー・ライト級タイトルマッチ」を行う。なお、この一戦は、5月9日(土)大阪・コミュニティプラザ平野にて開催予定だった『Krush.114』からスライドして行われる。

昨年6月に不可思を流血させ勝利した佐々木(右)

 佐々木は多彩なテクニックを武器に2016年にはKrushライト級王座を獲得。2018年には第3代K-1スーパー・ライト級王座決定トーナメント準優勝と、着実に実績を重ねた。

 昨年6月の両国大会ではK-1初参戦の不可思にTKO勝利を収め、11月には当時Krushスーパーライト級王者の鈴木勇人に判定勝利。今年2月に鈴木とのダイレクトリマッチを制し、Krushスーパーライト級王座を獲得。Krush2階級制覇を果たした。

佐々木は前Krush王者・鈴木(右)に2連勝し王座を獲得、二階級制覇した

 対する近藤は、現在K-1ウェルター級で活躍中の近藤魁成の実兄。K-1甲子園には高校生から出場し2015年準優勝。2016年に優勝を果たし、同年のプロデビュー戦を勝利で飾った。

 その後、怪我の影響もあり苦しい時期が続いたが、2019年6月にKO勝利で再起。同8月には大和哲也にトップファイターの壁を見せつけられるも、11月のKrush.108でのKO勝利で再び勢いをつけ、タイトル初挑戦のチャンスをつかんだ。

近藤(左)はパワーのあるパンチが持ち味、弟・魁成に先駆け王座獲得なるか

 今回の試合が決定し、近藤はSNSで「6月28日にタイトルマッチが決まりました!今後のためにも絶対勝つ!応援よろしくお願いします」と闘志を燃やしている。

 本大会の前週である6月21日(日)には『Krush.113』の開催が決定している。この両大会のチケット販売については、今後K-1公式より改めて発表される。今月末までには都内では緊急事態宣言が解除されると見られているが、GW明けに緊急事態宣言か解除された地方でも国内で観客を入れた格闘技興行を行なった話は聞かない。
 無観客となるのか、集客か。ニカラグアでは4月25日にボクシング興行を集客して再開。観客の検温や、前後左右1メートル離すなど様々な対策を打たれている。

<決定対戦カード>
▼Krushスーパー・ライト級タイトルマッチ 3分3R・延長1R
佐々木大蔵(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST/王者)
vs
近藤拳成(大成会館/挑戦者)

●編集部オススメ

・佐々木大蔵が鈴木勇人に連勝で2階級制覇を達成、K-1王座への思い語る

・【ボクシング】ニカラグアでボクシング再開、客席の距離開け集客(動画あり)

・【ボクシング】タイソン現役ばりパンチ連打が話題、UFC戦士も驚愕した動き

・6.21 ゴンナパーvs篠原悠人のライト級王座戦が決定、堀井翼がラウェイ王者・金子と激突

・【Krush】グラドル佐野マリアがラウンドガールに決定、バレー部出身の高身長ボディ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧