TOP > ニュース 一覧

【DEEP KICK】7.26 那須川弟・龍心がリベンジ戦へ、同日二部構成で夜大会も開催決定

2020/06/06(土)UP

那須川天心の弟・龍心(右)が“関西ジュニア最強”伊藤千飛(左)とのリベンジ戦に臨む

 7月26日(日)テクスピア大阪で開催される『DEEP☆KICK 44』の追加カードが発表された。

 那須川天心の弟、那須川龍心(りゅうじん/TEPPEN GYM)が、”関西ジュニア最強”伊藤千飛(いとうせんと/真門伊藤道場)との再戦に挑む。-48kg契約、2分2Rのアマチュアルールとなる。

 龍心は現在、中学二年生。兄の天心同様に数々のアマチュアタイトルを獲得した関東キック界で知らない人はないであろうアマチュアエリートだ。
 一方の伊藤は関西ジュニア最強とうたわれる中学三年生。ボクシングのリングでも実績を上げており、関西では「蹴らない千飛」で有名。威力抜群のパンチでアマチュアでもKOを連発している。

 

昨年11月の伊藤(左)vs那須川戦の様子。那須川のセコンドに兄・天心(右)が就いた

 昨年11月大会では、この”東西最強ジュニア”の対抗戦が行われ、パンチのヒット数を印象づけた伊藤が3-0で判定勝ち。敗れた龍心はこの敗戦で心に火が点き、打倒・伊藤千飛で特訓に励む毎日を送っているという。

 この2人の再戦は、中止となった4月大会の注目カードだったが、今大会で実現することとなった。龍心がリベンジを果たして那須川の血統の強さを見せるのか、伊藤が返り討ちにするのか。

-57.5kg王座挑戦権をかけ対決する宮崎(左)と村上(右)

 また、同日に観客入れかえの二部構成として『DEEP☆KICK 45』の開催も決定。DEEPKICK-57.5kg王者・横野洋(フリー)への挑戦権を懸けて挑戦者決定トーナメントが行われることも発表された。

 組み合わせは、昨年9月の同級初代王座決定トーナメント決勝戦で横野に敗れた宮崎就斗(TARGET)vs同級4位・村上真基(ROYAL KINGS)と、2月大会の-60kg王座決定戦で現王者・谷岡祐樹に敗れた篤椰(teamBomds)vs同級3位・山田直樹(KSS健生館)の2つのブロックとなっている。

篤椰(左)は階級を下げて山田(右)と対戦する

 同日に二大会を開催する経緯について、主催のDEEP☆KICK実行委員会は「コロナ渦で試合が出来なかった選手達に少しでも早くリングに立って貰いたいという思いと、毎回立ち見が出て超満員になるDEEP☆KICKでは、試合数を増やすことによって起こるであろう密が避けられないという点から、万全の感染予防体制で行うため」と発表している。

☆7.26 DEEP☆KICK 昼大会の対戦カード、イベント情報

☆7.26 DEEP☆KICK 夜大会の対戦カード、イベント情報

●編集部オススメ

・那須川天心がYouTubeチャンネルを開設、初回は6月6日(土)19時より

・『有吉ゼミ』でも放送された、前回の那須川龍心vs伊藤千飛の試合

・まるで体操選手! 那須川天心の父・弘幸氏が、脅威の身体能力を披露(動画あり)

・【王者たちのデビュー戦】那須川天心15歳「格闘技界に革命を起こす」と宣言、58秒でKO勝利=14年7月

・那須川天心、村田諒太ら「ネットの誹謗中傷はダメ」海外では規制進む

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧