TOP > ニュース 一覧

【チャクリキ】青木真也と鈴木悟が愛媛プロレス勢と激突、地元ファイター・元山はISKA王者と国際戦=全カード決定

2020/06/24(水)UP

青木真也、鈴木悟vsライジングHAYATO、凡人パルプ

 2020年10月23日(金)に愛媛・西条市総合体育館で開催される『日本骨髄バンクチャリティ CHAKURIKI 7 〜水の都バトル〜』の追加対戦カードと全試合順が発表された。

 第4試合のタッグマッチで、青木真也(37=フリー/元ONE世界ライト級王者)と鈴木悟(44=TAKE IT EASY/元プロボクシング日本ミドル級王者&元シュートボクシング日本スーパーウェルター級王者)がタッグを組み、愛媛プロレスのライジングHAYATO&凡人パルプ組と、30分一本勝負で対戦決定。

青木がキーロックで鈴木を仕留める(20年5月)

 青木は総合格闘技と並行してプロレスのリングにも参戦、鈴木はボクシングとシュートボクシングで日本王者に輝いた後プロレスラーに転身している。両者は今年5月のブランコ・シカティック追悼大会ではプロレスリングマッチで対戦し、青木がキーロックで勝利したが、今回は2人タッグで試合に挑む。

 対するライジングHAYATOと凡人パルプの所属する『愛媛プロレス』は四国のご当地プロレス団体で、格闘技界ではRIZINの朝倉兄弟が参戦したことでも知られる。
 ライジングHAYATOはミサイルキックを得意技に持ち、四国統一タッグチャンピオンの座も獲得。タッグを組む凡人パルプはティッシュのアイロンがけが趣味で、四国中央市初の観光大使も務めるマスクマンだ。

 それぞれ総合格闘技、打撃格闘技でもキャリアを誇る青木と鈴木は、地元愛媛のプロレスラーとどのような戦いを繰り広げるのか。

元山祐希vsロベルト・オリビア

 また、メインイベント(第8試合)のICO認定インターコンチネンタルフェザー級王座決定戦に出場が発表されていた元山祐希(武勇会)の対戦相手が、欧州代表のロベルト・オリビア(イタリア/ISKAインターコンチネンタルフェザー級王者)に決定した。

 元山は大会開催地である愛媛県西条市出身のキックボクサー。今年2月の『CHAKURIKI5』大阪大会にて國枝悠太を破って日本代表の座を獲得し、今回国際王座決定戦に臨む。

リーチを活かしたキックで攻めるオリビア。勝利しISKAムエタイ王座に就いた(20年2月)

 対するオリビアは今年2月の『NJKF』後楽園大会で元NJKFスーパーバンタム級王者の前田浩喜を破りISKAムエタイ インターコンチネンタル フェザー級王座を戴冠。日本が最も好きな国だというオリビアは、前回のNJKFが判定勝利だったことから、KO勝利で2本目のベルトを狙うという。

 第5試合では、旧K-1で活躍した6人の選手が3対3のタッグマッチで20分一本勝負を行う。

6人タッグマッチにベテランファイターが集結

 一組目は天田ヒロミ(47=天田フィジカル&ボクシングスクール)、ノブハヤシ(42=ドージョー チャクリキ・ジャパン)、佐藤嘉洋(39)。対するは中迫剛(46)、富平辰文(44)、長島☆自演乙☆雄一郎(35=02GYM)。

 K-1時代に天田、ノブ、中迫、富平はK-1 JAPANシリーズで、佐藤、長島はK-1 WORLD MAXシリーズで活躍したが、今回はJAPAN勢とMAX勢混成のタッグとなる。
 最大9通りのカードを観ることが出来る6人タッグマッチで、当時あり得なかった天田vs長島、ノブvs長島、中迫vs佐藤、富平vs佐藤といった夢の対戦は実現するのかにも、注目が集まる。

安楽ヂエゴvs大和ヒロシ

 セミファイナル(第7試合)ではICO認定グラップリングウェルター級王者の安楽ヂエゴ(グレイシーバッハ姫路)が初防衛戦、プロレスラーの大和ヒロシ(36=フリー)を挑戦者に迎える。

 安楽は2017年のISMトーナメントで優勝した柔術家で、今年2月に行われたICOグラップリングウェルター級トーナメントで優勝して初代同級王座に就いた。対する大和は高校時代にレスリング部に所属し、国体でグレコローマンベスト16に入った実力者。プロレスでは全日本プロレス世界ジュニアヘビー級王者の経歴を持つ。
 安楽が柔術で防衛か、大和がレスリングの実力を見せつけ2代目王者となるか。

 その他キックマッチやプロレスマッチも発表され、全8試合のカードと試合順が決定した。

☆10.23チャクリキ全対戦カード、試合順、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【チャクリキ】佐藤嘉洋、長島☆自演乙ら元K-1戦士が夢の6人タッグマッチ、ウェルター級王者に“戦う海苔商人”が挑戦

・青木真也は二人いる? 一瞬でプロレスラーからMMA解説者への変化に”別人すぎる”

・愛媛プロレス、無収入の無観客試合をクラウドファンディングで解決

・鈴木悟がBBW世界スーパーボディ級王座戴冠、ゴージャス松野とも対戦(ページ下部)

・朝倉海が挑発するシバターを23秒で絞め落とす「俺の本気はRIZIN、会場に観に来て」(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧