TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】矢地祐介がブルース・リー技術で必殺技誕生か、YouTubeが100万再生越えの大反響(動画あり)

2020/04/04(土)UP

練習に打ち込む矢地祐介(19年7月)

 元修斗環太平洋ライト級王者で格闘技イベントRIZINでも活躍する矢地祐介(29=KRAZY BEE)のYouTubeチャンネルでジークンドーマスター石井東吾(ジークンドー・ジャパン)との共演が話題だ。

 石井はブルース・リー生前最後のプライベート・スチューデント兼スパーリング・パートナー、テッド・ウォン氏の元で研鑽を積み、ブルース・リーが創始した武道『ジークンドー』の完成形とも言える晩年のスタイルを受け継いだ日本人の一人だ。指導者になって10年で、東京・埼玉・群馬に道場を持つ。

ジークンドーの石井先生と向かい合う矢地(矢地祐介ツイッターより

 その石井を矢地が招き、3月27日にYouTubeチャンネルで『総合格闘技 VS ジークンドー!ブルース・リー直伝のワンインチパンチ、衝撃の被弾』をアップしたところ、これまでに再生回数が101万8千回と、100万再生越えを達成するなど、反響を呼んでいる。
 ワンインチパンチとは文字通り、わずかワンインチ(約2.5センチ)離した距離から打つパンチで、寸勁(すんけい)ともいう。

 企画は、グラップラー刃牙で登場する技をいくつか検証していくというもので、ワンインチパンチでは石井が登場し実演。吹っ飛ぶ石井の弟子を見て、実際、矢地も喰らってみる。大きな打撃音とともに、矢地はまさかの衝撃で大きく後ずさり。「大げさじゃない、びっくりしたー!やばい!」と矢地。そして矢地にその技を伝授する石井。映像では、その打ち方とコツを公開、徐々に身についていく矢地の上達ぶりも楽しめる。(▶︎次ページはさらに驚異の技、矢地が体験

▼矢地がワンインチパンチを喰らう動画(矢地祐介チャンネル

▶︎次ページは驚異のスピード、石井氏の「正中線四連突き」を矢地が受ける

●編集部オススメ

・ジークンドー継承者の石井東吾がワン・インチ・パンチ演武(動画あり)

・矢地、山本美憂写真集を手に「お祭り男らしく盛り上げる」

・前回の試合=矢地祐介、逆転のサッカーボールキックKOで連敗脱出

・ドネアが華麗なハイキック、井上尚弥と対戦に気持ちはブルース・リー!?

・【RIZIN】”格闘技メガイベント”の呼びかけにRISE勢が名乗り、伊藤代表「見せましょう!日本の格闘技力を」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧