TOP > ニュース 一覧

【RISE】7.19全試合順決定、4王者が揃い踏み、小林愛三の相手は変更に

2020/07/14(火)UP

4王者が”外敵”を迎え撃つ。左から寺山、工藤、ベイノア、紅絹

 7月19日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『RISE140』の全試合順が発表された。

 また、WPMF女子世界フライ級王者・小林愛三(24=NEXT LEVEL渋谷)と-53kg契約の一戦(3分3R)で対戦予定だった、J-GIRLSスーパーフライ級王者・YAYAウィラサクレック(33=WSRフェアテックス幕張)が練習中に左膝靭帯を負傷。ドクターストップによる欠場が決定した。

小林の相手はMARIへ変更

 代替相手として元NJKFミネルヴァ ピン級王者のMARI(25=ナックルズGYM)が参戦。MARIは18年にNJKFミネルヴァ初代ピン級王座を獲得し、シュートボクシングの舞台でも活躍する。契約体重は-53kgのままで変更はない。

 7月12日に行われた『Cygames presents RISE on Abema』は無観客で行われたが、今回は観客を入れての大会。有観客としては2月23日以来、約5ヶ月ぶりの大会となる。

 今大会では4人のRISE王者が揃い踏み、他も他団体の王者クラスがずらりと並ぶ。

 メインイベントはRISEフェザー級王者・工藤政英(29=新宿レフティージム)vsNKBフェザー級王者・髙橋亮(24=真門ジム)の王者対決だ。

自称”キモロー”で相手をくの字にする工藤

 工藤が日本人と対戦するのは18年11月の志朗戦以来(志朗の3R判定勝利)。自ら”キモボディ””キモロー”と称する粘り強い攻撃で激闘派・髙橋の心を折るか。髙橋が折れない精神力をバックに、強打のストレートで工藤を沈めるか。

 セミファイナルは、“ブラックパンサー”ベイノア(24=極真会館)vs日本中量級の大物・緑川創(33=RIKIX)の一戦。RISE中量級エースにならんとするベイノアは、2度のラジャダムナン王座挑戦経験を持つ百戦錬磨・緑川を退けることが出来るか。

極真空手仕込みのカギ突きを顔面直撃させるベイノア

 第6、第5試合ではRISE女子部門であるRISE QUEENの2人が揃って出場。

 第6試合では、現在4連勝中の初代RISE QUEENミニフライ級王者・寺山日葵(19=TEAM TEPPEN)が、NJKFミネルヴァ日本ライトフライ級王者・sasori(テツジム)と対決する。
 sasoriは今年2月、当時5戦5勝(3KO)と破竹の勢いで勝ち進んでいたSB日本女子ミニマム級王者・女神と激突。延長戦でダウンを奪い、初黒星を与える衝撃的な勝利を見せている。数々の”女王対決”を制してきた寺山は、この強敵とどう戦うか。

長いリーチでミドルを蹴り込む寺山

 第5試合では、初代RISE QUEENアトム級王者・紅絹(36=NEXT LEVEL渋谷)と、元ボクシング王者の山本ユノカ(26=Kick Box)が対戦。
 山本は古川夢乃歌のリングネームでボクシングのリングに上がり、16年2月にOPBF東洋太平洋フライ級王座を、同年8月にWBA女子世界ライトミニマム級王座を獲得している。今回はキック3戦目だ。キャリア50戦を超える大ベテラン・紅絹は、卓越した試合さばきで元ボクシング王者とどう渡り合うのか。

大ベテラン・紅絹の強烈な右フック

 第4試合では、RISEスーパーフライ級1位・政所仁(魁塾)vs初代WMC日本フライ級王者・大﨑一貴(OISHI GYM)の軽量級強豪対決。この試合は現スーパーフライ級(-53kg)王者・田丸辰への挑戦者決定戦となっている。
 昨年11月大会では、政所が大崎の弟・孔稀にダウンを奪って判定勝利している。止まらない手数、ステップを武器にする政所と、一撃必殺を持つテクニシャン・大崎の対決結果はいかに。

 第3試合にはISKAムエタイ世界バンタム級王者・志朗(BeWELLキックボクシングジム)vsNJKFバンタム級2位・清志(新興ムエタイジム)の一戦。互いにムエタイスタイルを得意とする両者だが、本場で鍛えぬいた志朗は、NJKF上位ランカーにどのような戦いを見せるか。

 第2試合は小林愛三(NEXT LEVEL渋谷)vsMARI(ナックルズGYM)。

 第1試合では、Bigbangライト級王座、MA日本ライト級王座、APKFスーパーフェザー級王座の三冠を獲得した強者・稲石竜弥(TEAM OJ)が、今年1月のRISEで畑中健太に逆転TKO勝利を収めた新鋭・KENTA(HAYATO GYM)と対戦する。

<全試合順>

▼メインイベント SuperFight! -60.5kg契約 3分3R延長1R
工藤政英(新宿レフティージム/第3代RISEフェザー級王者)
vs
髙橋 亮(真門ジム/NKBフェザー級王者、元NKBバンタム級王者)
 
▼セミファイナル SuperFight! -72kg契約 3分3R延長1R
“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館/第2代RISEウェルター級王者)
vs
緑川 創(RIKIX/WKBA世界スーパーウェルター王者、第8代新日本キックボクシング協会ウェルター級王者)
 
▼第6試合 SuperFight! -50kg契約 3分3R延長1R
寺山日葵(TEAM TEPPEN/初代RISE QUEENミニフライ級王者、第8代J-GIRLSミニフライ級王者)
vs
sasori(テツジム/NJKFミネルヴァ日本ライトフライ級王者)
 
▼第5試合 SuperFight! -47.3kg契約 3分3R延長1R
紅絹(NEXT LEVEL渋谷/初代RISE QUEENアトム級王者)
vs
山本ユノカ(Kick Box/元WBA女子世界ライトミニマム王者、元OPBF女子東洋太平洋フライ級王者)
 
▼第4試合 -55kg契約 3分3R延長1R
政所 仁(魁塾/スーパーフライ級1位、J-NETWORKフライ級王者)
vs
大﨑一貴(OISHI GYM/スーパーフライ級3位、初代WMC日本フライ級王者、LPNJフライ級王者)
 
▼第3試合 -56.5kg契約 3分3R延長1R
志朗(BeWELLキックボクシングジム/ISKAムエタイ世界バンタム級王者、RISE WORLD SERIES 2019 -58kgトーナメント準優勝)
vs
清志(新興ムエタイジム/NJKFバンタム級2位、WMC日本バンタム級3位)
 
▼第2試合 -53kg契約 3分3R
小林愛三(NEXT LEVEL渋谷/WPMF女子世界フライ級王者、初代ムエタイオープン女子フライ級王者)
MARI(ナックルズGYM/元NJKFミネルヴァ ピン級王者)
 
▼第1試合 -66kg契約 3分3R延長1R
稲石竜弥(TEAM OJ/元Bigbangライト級王者、元MA日本ライト級王者、元APKFスーパーフェザー級王者)
vs
KENTA(HAYATO GYM/ライト級8位)

☆7.19 RISE 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・寺山日葵、激闘派・sasoriは苦手も「クイーンとして負けるわけにいかない」

・那須川天心、まさに異次元!僅か90秒の右フックで笠原友希を衝撃KO

・7.19工藤政英vs髙橋亮が決定、初参戦・緑川創とベイノアが激突

・笠原友希、那須川天心の右フックに「気付いたら倒れていた」=試合後インタビュー

・7.19有観客試合再開へ、寺山日葵、紅絹、小林愛三ら参戦決定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧