TOP > ニュース 一覧

【Krush】瑠久「もちろんKO勝ち」中野滉太「勝って当たり前」王者・佐々木の首狙う2人が激突

2020/07/16(木)UP

スーパー・ライト級若手トップ対決の声も高い。瑠久(右)vs中野(左)

 7月21日(火)東京・後楽園ホールで開催される『Krush.115』。セミファイナルでは、瑠久(るーく/21=K-1 GYM横浜infnity)vs中野滉太(21=POWER OF DREAM)のスーパー・ライト級(-65kg)”若手トップ対決”が行われる。

 瑠久は新極真空手仕込みの強打で、プロデビュー後5連勝。昨年3月、近藤魁成にKO負けした後に、心機一転ウェルター級からスーパー・ライト級に転向した。連勝するが11月のK-1で山崎秀晃にKO負け。今回は再起戦だ。

豪快なパンチで逆転KO勝利を収めた瑠久(左)

 対する中野はK-1王者である武居由樹と江川優生に続くPOWER OF DREAM第三の男として注目されるホープ。6勝のうち5つがKO勝利という強打を持つ。前戦は昨年12月のKrushで、左フックによるKO勝利を収めている。

 瑠久は中野について、オファーが来るまでは「正直全然興味ないって言ったら失礼ですけど、試合とかあんまり見てなかったっすね」と視界に入っていなかったと言いつつも「普通に強い」と実力は評価する。 
「強いって評判が高い選手なんで、ここで僕が中野選手を倒せば『瑠久ってやっぱり強いんだ』ってなると思う」と、実力を証明するのに丁度よい相手だと言う。

両者ともに王者・佐々木を見据える。佐々木は今月11日に初防衛を果たした

 倒すイメージは「もう全然普通に出来上がってます」と自信満々。さらに「試合結果はもちろんKO勝ちです。マジでここでは立ち止まってられないっす」と先を見る。

 その先とは「チャンピオン(佐々木大蔵)とやりたいっす。実は佐々木選手はもともと自分の先生だったんですよね。K-1ジム横浜が出来た頃に佐々木選手が指導に来ていて、アマチュア時代は佐々木選手に教えてもらっていたんです。だから自分はずっと“大蔵先生”と呼んでいて。当時はスパーリングでいじめられてたんで、タイトルマッチで師匠を超えたいです」と敬意を持って佐々木の首を狙う。

強烈な後ろ蹴りを放つ中野

 対する中野は、瑠久について「もともと一階級上の選手で、K-1の本戦に出てトップ選手とやっていて、強いファイターだと思います」と油断はない。しかし「対策はしっかりできているので、あとは試合をするだけ。この試合は勝って当たり前だと思ってます」と、強敵相手の勝利を確信している。

「僕自身もタイトルに近いところまで来ていると思う」と言う中野。こちらも王者・佐々木に言及し「もし戦うことになっても(自分が)負けるとは一切思っていません。僕は佐々木選手に挑戦する・戦う頭でいます」と、今回の試合に勝って挑戦者に名乗りを上げる腹づもりだ。

 互いに佐々木の王座を見据えての一戦、どちらも負けるわけにはいかない。

☆7.21 Krush 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・”メンチ切り”因縁対決は瑠久が堀井翼にフルマークの判定勝利

・女子トーナメントに菅原美優、チャン・リーら美女ファイター揃う

・【K-1】武居由樹、カリスマ武尊の壮絶ファイトに「鳥肌が立つくらいカッコいい」

・【ラウンドガール】19歳“りのちぃ”がKrushガールズに決定

・佐々木大蔵が左ミドルでダウン奪う初防衛、鈴木勇人と蓮實光が圧巻KO勝ち

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧