TOP > ニュース 一覧

【K-1】元王者・卜部功也復活なるか、篠原悠人と激突「初心に帰ってチャレンジャー」=9.22大阪

2020/07/18(土)UP

対戦する卜部(左)と篠原(右)(C)K-1

 7月17日(金)都内にて記者会見が行われ、9月22日(火・祝)エディオンアリーナ大阪で開催される『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN』の第1弾対戦カードが発表された。

 K-1ライト級(62.5kg)ワンマッチで、元同級王者・卜部功也(30=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST )が篠原悠人(22=DURGA)と対戦する。

 卜部は2019年3月にK-1ライト級王座の防衛戦で、林健太の挑戦を受けるも延長判定で敗れ王座陥落。続く7月のKrushでは日本vs中国・全面対抗戦の大将に選ばれるが、ジュー・シュアイにまさかの1RKO負けを喫して連敗。今回は、実に約1年2カ月ぶりの復帰となる。

前に出て攻撃していく篠原(右)

 篠原は18年12月のK-1大阪大会から階級を落とし、ライト級世界最強決定トーナメント1回戦でゴンナパー・ウィラサクレックをKOする番狂わせを起こした。今年6月にはKrushライト級タイトルマッチで王者ゴンナパーに挑むも、判定で敗れてKrush二階級制覇はならず。今回は地元大阪で強敵との対戦を迎える。

 卜部は「元気になって帰ってきました。篠原選手は今若手で本当に強い選手ですし、次の時代を背負う選手。テクニックもありますし、雰囲気もあって、すごくかっこいい選手なので単純に戦ってみたかったです。今回、こうやって決まって嬉しいです」とワクワクしている。

大雅をKOする卜部=2016年9月

「一番楽しいのは、強い選手に勝つときなので、初心に帰ってやります。試合そのものが1年2カ月ぶりなので、キャリア的には関係なく、僕の方がチャレンジャーという気持ちで、強い選手を倒しにいくという感じです」と自身よりキャリアの浅い選手に対しても、挑戦する覚悟で戦うという。

 対する篠原は「ゴンナパー選手とのタイトルマッチに負けてしまって、すぐに卜部選手との試合の話をもらって、格上選手とやれるってことでチャンスを頂いたなと。僕がK-1やKrushに出る前から、卜部選手はトップ戦線でやっていた選手なので嬉しいです。でも勝負なので、僕も勝つ気でいます」と意気込む。

篠原のパンチにもゴンナパーのガードは崩れなかった

 対戦相手の印象について聞かれると、卜部は「若いですよね。本当に頭の良い選手なんで、戦略もしっかり立ててくるだろうしヤバいですね」、篠原は「K-1の中で僕が一番理想としているスタイルで強い選手だと思っていた。スピード、テクニック、トータル含めてかなり強敵です」とお互いに強豪との認識を明かした。

 そんな中で「相手より勝っている部分は」との質問が飛ぶと、卜部は「経験と蹴りの部分は、引き出しは僕のほうが多い」と言えば、篠原は「気持ちという部分では、これから僕がやっていかないといけない」と新世代としての戦いを見せると話した。

 卜部が「パンチの土俵になったら(試合は)分からない。緊張感がありますね」というように、篠原はゴンナパー・ウィラレクレックと2018年に対戦して、打ち合いに持ちこみ1RでKOした実績がある。試合展開として考えられるのは、卜部のカウンターvs篠原の打ち合いの中でのパンチというところだろう。その戦いも見据えてなのか、篠原は「トレーナーの人と対策を練って勝てるように頑張りたい」と意気込んでいる。

ウェイ・ルイをKOし、K-1でライト級王座に就いた時の卜部功也(2018年3月)

 篠原にとっては、今回の試合が再起戦。前回のゴンナパーとの2度目の戦いで「見せ場を作らないといけないのは、試合を経験してわかりました。それを活かして、卜部選手との試合でも強引に行けるところは行きたい」と試合運びの面でも、学びを今回の戦いに出す構えだ。

 卜部にとっては、長く期間が空いた上での参戦で復活をアピールするチャンスだ。目標を聞かれると「チャンピオンベルトを目指したいです。今はトレーナーもジムに呼んで、ジャブから構えから全部直しています。それを試したいという気持ちで、いまリングに上がっていますね」と鍛錬の成果を見せたいという。この試合に勝利して、K-1のタイトルマッチに1歩近づくのはどちらか。


対戦する和島(左)とラーシーシン(右)

 さらに、K-1スーパー・ウェルター級(70kg)のスーパーファイトで、第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント準優勝の和島大海(月心会チーム侍)が、K-1初参戦となるラーシーシン・ウィラサクレック(ウィラサクレックフェアテックスジム)と対戦する。

 和島は今年3月22日に開催された『K’FESTA.3』で開催された[第3代K-1スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント]で決勝で木村ミノルに敗れたものの、準優勝に輝き、一気に注目の選手となった。今回は念願の外国人選手との対戦になった。

 対するラーシーシンは、ゲーオやゴンナパーなどのチャンピオンを輩出してきたウィラサクレック・フェアテックスジムに所属するタイ人選手。中村プロデューサー曰く「ウィラサクレック会長が日本で活躍できるタイ人を現地からスカウトしてきた」という触れ込みで、WPMF(世界プロムエタイ連盟)王座戴冠歴もあり、世界各地で戦ってきた実力者だ。

ローキックを効かせる和島

 和島は「今回、地元の大阪で試合が決まって凄く嬉しく思います。K-1では初めて大阪で試合するんで、何がなんでも勝ちにいきます」と意気込む。

 強豪外国人選手との戦いは、和島自身が望んでいたようで「外国人選手と試合がしたいと思っていたので、こんな状況の中、外国人選手を探してきてもらって凄く嬉しく思います」とコメントする。

 蹴りが得意なタイ人にも「凄い蹴りが強いと思うんですけど、僕も蹴りが得意なんで、タイ人の選手がびっくりするぐらいの蹴りを蹴ってやろうかなと思っています」と蹴り合いに応じる構えを見せた。

 対するラーシーシンは「今回K-1に参戦できることはとても嬉しい。ウィラサクレック会長に感謝したいと思います。K-1に出ることに興奮している」と話した。

●編集部オススメ

・【K-1】ゴンナパーKOの篠原悠人が大沢文也との接戦を制す

・【K-1】卜部功也が大雅を1RでKOして優勝

・【K-1】王者・安保瑠輝也と山崎秀晃のタイトルマッチ決定「ラストチャンスのつもりで」(山崎)

・【K-1】MIOのK-1初陣が決定、ハードパンチャー高梨knuckle美穂に「相手にならない」と余裕のコメント

・【K-1】ロンハー出演グラドルの小島みゆ決定で、今年度ラウンドガール6名全員揃う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧