TOP > ニュース 一覧

【UFC】ファイトパスが日本語サービス開始、元UFCファイター水垣、宇野ら解説

2020/07/22(水)UP

今年6月に引退を発表した水垣(左)も、UFCファイトパスで日本語実況解説を務める

 総合格闘技団体UFCが運営し、全世界200以上の国と地域で利用されている格闘技動画の有料配信サービス『UFCファイトパス』が、7月22日(火)、日本語サービスを開始した。

 これまで日本語実況解説付での配信実績はあるが、今後は一部のヨーロッパで開催する「UFCファイトナイト」を除き、全てのライブイベントを日本語実況解説で配信するという。解説は水垣偉弥、宇野薫、菊野克紀、小見川道大ら元UFCファイターが務めると発表された。
 また、ユーザー登録画面も完全日本語化されており、日本語での検索機能や字幕入りコンテンツについても充実を図るという。

7.26ファイトアイランド興行のメインイベントに出場するウィテカー(右)Photo by Josh Hedges/Zuffa LLC/Zuffa LLC via Getty Images

 今後のUFCイベントとして、直近では7月26日(日・日本時間)に「UFCファイトナイト・ファイトアイランド3:ウィテカーvs.ティル」が開催、ライブ配信される予定だ。
 メインイベントは、元UFCミドル級王者で現在同級1位のロバート・ウィテカー(29=オーストラリア)vs同級5位ダレン・ティル(27=英国)。
 セミファイナルでは、PRIDEでも活躍したアントニオ・ホジェリオ・ノゲイラ(44=ブラジル)が、かつて自身2戦2敗している、マウリシオ”ショーグン”フア(38=ブラジル)と三度目の対決を行う。ライトヘビー級の一戦となる。

 今回のサービス開始にあたり、UFCアジア太平洋地域統括責任者ケビン・チャン氏は「日本は総合格闘技のパイオニアであり、日本のファンの方々は知識が豊富で熱狂的かつ常により多くの興奮を求めていると思っています。UFCイベントをはじめ、国内外のMMA、世界中で開催されているコンバットスポーツのイベントなど、UFC FIGHT PASSが誇る数多くのコンテンツをお楽しみいただければ幸いです」とコメントしている。

●編集部オススメ

・【UFC】元王者ウィテカーが“燃え尽き”からの再起戦、“ヒョードルに一本勝ちした男”42歳ファブリシオも参戦=7.26

・【UFC】PRIDEでも活躍したノゲイラ弟、ショーグンとの引退マッチは「フィニッシュする」=7.26

・UFCゲームに最新作、ダナ・ホワイト「最高傑作だ」予約特典にボクシング世界王者も(動画有り)

・元RIZIN王者プロハースカ、KO勝利も被弾の反省理由と次戦の意気込み

・佐藤天の秒殺TKO勝利に、UFC王者らも驚きの声「これが日本男児パワー!」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧