TOP > ニュース 一覧

【INVICTA】浅倉カンナと激闘したザペテラが、フレイの返上した王座に挑戦

2020/07/28(火)UP

カミンズ(左)vsザペテラ(右)で王座争い@invictafcより

 9月17日(木・現地時間)アメリカ・カンザス州で『INVICTA FC 42』が開催される。INVIVTAはUFCと提携する世界最大規模の女子MMA団体。
 メインイベントでは、昨年8月のRIZINで浅倉カンナと激闘したアリーシャ・ザペテラ(25=アメリカ)が第6代アトム級王座決定戦に出場する。

 浜崎朱加とINVICTA、RIZINと二度の王座を争ったジン・ユ・フレイが前王者だったが、フレイは今年2月の防衛戦で勝利したものの体重超過により王座剥奪。その後フレイはUFCに参戦となった。
 ザペテラの相手は、2月大会でフレイに挑戦したアシュリー・カミンズ(32=アメリカ)となった。

浅倉カンナ(右)と打ち合うザペテラ

 ザペテラは5歳でレスリングを始め、高校時代には3度のナショナルチャンピオンに。16年にはリオオリンピックの代表候補に選出されたほどのレスリングエリートで、東京オリンピックの出場も目指しているという。しかし昨年8月のRIZINでは浅倉カンナとレスリング力に頼ることなく壮絶な打撃戦を展開。2-1で惜敗するも、止まらない手数とアグレッシブさで、打撃戦の適応力も見せている。

 今年7月にはRENAと1勝1敗のリンジー・ヴァンザントと対戦し、レスリング力を見せ2-1の判定で勝利をもぎ取った。MMA戦績は7勝2敗。

前戦・リンジー(右)との計量で美女対決のザペテラ(左)(Invicta Facebookページより)

 対するカミンズは、17年に浜崎の返上したアトム級王座を争いフレイと対決するも判定負け。その後2連勝を経ての今年2月の再戦だったが、激しい打撃戦の末、3者とも47-48でまたも敗れてしまった。
 今回念願の王座に3たび挑む。
 戦績は7勝5敗で、戦績サイト『Tapology』のアトム級ランキングでは現在ハム・ソヒ、浜崎に次ぐ3位につけている。(ザペテラは5位)

 ザペテラはベテラン・カミンズを倒し、浜崎、フレイと続いた由緒あるタイトルを勝ち奪れるか。

●編集部オススメ

・【RIZIN】浅倉カンナ、レスリングエリート・ザペテラとの打撃戦に競り勝ち「また這い上がります」

・【Invicta FC】RIZINゆかりの一戦は、ザペテラがリンジー・ヴァンザントを僅差で降す

・浅倉カンナが計量クリア、相手の強豪レスラー・ザペテラとはまるで”柔と剛”

・【RIZIN】RENA、リンジーにTKO勝利でリベンジ達成

・RENA、ビキニで腹筋アピールのリンジー相手にリベンジへ自信=前日計量

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧