TOP > ニュース 一覧

【NJKF】世界初S1女子トーナメントの組合せ発表、参戦ファイターたちは☆SAHO☆とYAYAの首を狙う

2020/08/13(木)UP

世界初のS1女子トーナメントが開催、組み合わせが発表された

 9月12日(土)東京・後楽園ホールにて開催される『NJKF 2020 3rd』では『S1女子ジャパントーナメント』が行われる。

 S1はタイの有力プロモーターであるワン・ソンチャイ氏が主催する、世界王座の認定もある大会。女子トーナメントは世界初となる。
 今回はバンタム級トーナメントとなり、国内各団体の王者ら4人で争われる。決勝戦は11月15日に行われる予定だ。

 トーナメントの組み合わせはファンの投票により決定され、1回戦の対戦カードが発表された。
 1回戦第一カードは、J-GIRLS スーパーフライ級王者YAYAウィラサクレック(WSR幕張)vsミネルヴァ スーパーバンタム級4位・KAEDE(LEGEND)。第二カードははミネルヴァ スーパーバンタム級王者☆SAHO☆(闘神塾)、J-GIRLS フライ級王者・梅尾メイ(TEAM BARBOSA JAPAN)となった。

 各選手のトーナメントに向けたインタビュー動画も公開されている。

強烈なローで、相手の脚をどす黒く腫れ上がらせるYAYA

 1回戦第一試合のYAYAは相手・KAEDEについて「身長が高く、前蹴りやハイキックも飛んできやすいと思うので、リーチの面でも私はちょっと苦手かな」とリーチ差を気にしつつ「そこは作戦で戦っていけるとは思う」と頭を使い攻略する。KAEDEはトーナメント最年少の16歳で最年少だが、YAYAは「若いのでスタミナもあるだろうし負けん気もあるだろうし、そこは私が人生長く生きてきた分、戦う前からしっかりと決着つけたいと思います」と経験で勝負ありとする。

 対するKAEDEはYAYAを「身長が結構小さかったと思うのでやり辛いかな。ムエタイもパンチも出来るすごい選手」とリスペクトしつつ「優勝します」と言葉少なながらきっぱり断言した。

優勝候補筆頭にあげられる☆SAHO☆の重い右ストレート

 1回戦第二試合、優勝候補と言われているSAHOは「プレッシャーはありますが、その分自分のことを注目してくれてるってことだと捉えています。しっかり獲れるように練習頑張って、必ず優勝したいと思います」と期待に応えるとする。

 SAHOの相手・梅尾は、SAHOについて「出入りとかがうまく、自分が苦手なところもあると思う」と語りつつも「負けないように練習を頑張っていきたい」と意気込む。

パタヤ・ボクシングスタジアムのムエタイ王座も持つベテラン・梅尾

 また、それぞれ決勝で当たりたい相手として、YAYAは「SAHO選手。バチバチに戦えるんじゃないかと思っています。多分、彼女もすごい気持ちが強いんじゃ無いのかなと思って。パワーもあるので、どちらかが倒れるんじゃないかなと思います。倒したいですね」とSAHOを狙う。KAEDEも「やっぱりSAHO選手。パンチで来ると思うので、蹴りで対抗したい」とSAHOと戦い得意のキックで退けたいとする。

 SAHOは「トーナメントで1番強そうなのがYAYA選手。結構いい身体してて、試合とか見た感じもイケイケだった。気持ちも強そうだし、パワーとかも、体幹とかも結構強いなと」とYAYAに注目する。梅尾もYAYAを「同じ年なので気になる。気持ちで負けないように全部練習する」と同級生のYAYAを狙い意気込んだ。

<決定対戦カード>
▼S1女子ジャパントーナメント・一回戦(バンタム級)

KAEDE (LEGEND)
vs
YAYAウィラサクレック(WSR幕張)

☆SAHO☆(闘神塾)
vs
梅尾メイ(TEAM BARBOSA JAPAN)

☆9.12 NJKF 対戦カード、イベント日程はこちら

●編集部オススメ

・【NJKF】世界初のS1女子トーナメントが開催決定、☆SAHO☆、梅尾メイらが王座を争う

・伊藤紗弥が計量パス「バチバチに打ち合う」16歳スーパーガール・アンナ「私には武器がいっぱい」

・9戦無敗・YAYAが48歳・元ヤン魔由美を倒し戴冠

・ラウンドガールユニット「PPP」が11.30後楽園ホール登場、岬愛奈「ラウンドガールにも注目して」

・広瀬すず、キックボクシング歴3年の腕前を映画で披露、レスラー本間朋晃をKO(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧