TOP > ニュース 一覧

【RISE】裕樹の引退試合で対する那須川天心「1Rで終わらせる、有終の美は飾らせない」=11.1大阪

2020/08/13(木)UP

会見に出席した那須川天心(右)と裕樹(C)RISE

 11月1日(日)エディオンアリーナ大阪で開催される『RISE DEAD OR ALIVE2020』のメインイベントで、那須川天心(21=TARGET/Cygames)vsRISE三階級制覇者・裕樹(37=ANCHOR GYM)が発表された。

 この試合は元々、6月14日横浜での『RISE WORLD SERIES 2020』に予定されていたが、コロナ禍でスライド。また当初は59.5kg契約でのワンマッチだったが、今回裕樹の希望により58kg契約で行われる。また、裕樹はこの試合が引退試合となる。

裕樹は58kg契約で引退試合を行う覚悟を決めた(C)RISE

 8月13日(木)、ABEMAで発表記者会見が行われた。まず伊藤隆代表が、体重変更の件を説明。「裕樹が『天心は58kgで世界チャンピオンになったので、58kgでやらせてください』と言ってきた。この男は非常に頑固なので受理いたしました」と言うと、これを受け裕樹が「僕としては58kgの、世界を獲った那須川天心と戦いたい。天心君、今日ここでの話だけれど、58kgで受けてくれる?」と那須川に尋ねる。今の今まで、那須川に体重の件は伝えられていなかったとのこと。

今年7月、右フックで90秒でKO勝利した那須川(c)RISE

 那須川は「全然大丈夫です」と快諾。伊藤代表も「決定しましょう」と契約体重が決まった。

 裕樹は「大切な那須川天心の一戦を僕に割いてくれるというのは感謝です」と切り出すと「ここからは那須川天心を敵とみなし、ここから二ヶ月間死ぬ気で練習します」とスイッチを変える。

 近年でも61kgの試合が多い裕樹にとって、18年11月のロッタン戦(59kg)よりさらなる減量苦が予想される。しかし裕樹は「(当初の)59.5kgというのは、そもそも天心君がゆずってくれた体重なんですね。『裕樹さんはここまでしか落とせない、自分もここまでしか出来ない』と。そんな中途半端な体重でやっても、天心君にとっても意味のない試合になる」とこだわりを見せる。

裕樹に対し「格闘技なんで情は捨てます」と宣言した那須川(C)RISE

 さらに「引退試合だからやる試合、というのは僕の性格上受け入れられない。僕は三階級獲ってきたのですけど、この58kgを獲ることで、四階級を獲って、自分のキック人生に終止符を打ちたい」と、『RISE WORLD SERIES 2019 -58kg級王者』の那須川を倒し、事実上の四階級制覇を達成するとした。

 対して那須川は「まさか裕樹さんと試合するというのは思っていなかった。感慨深く、色々な思いがあるのですが、格闘技なんで情は捨てます。いつもやる選手と変わらないつもりで、有終の美は飾らせずに最初から、1Rで倒して終わらせたいと思います」と”Mr.RISE”として長年活躍してきた大先輩を非情に斬る。
 また「僕がその体重で取っているベルトで合わせてくれたと思うので、覚悟は感じますよね」と覚悟に応えたいとする。

ローキックでロッタンを苦しめる裕樹

 58kgまで落とすのは高校生以来だと言う裕樹。59kgでのロッタン戦も「(減量が)すげえしんどくて、減量失敗しなければ勝てたんじゃないかという後悔がある」と語る。今回は短期間の”減量”ではなく、通常体重から落とす”ダイエット”で臨むと言う。
 裕樹の得意技はローキックで、減量による威力の低下も考えられるが「筋肉より動ける身体が必要。僕のローキックに関しては、脚力ではなく体重を乗せているので、58kgを58kgの相手にしっかり乗せきり、痛いローキックをぶちこむ」と長年培った経験で、対比率的に変わらない威力を保てると言う。

(C)RISE

 引退試合は地元大阪での試合に変更となったが「15年以上やってきた東京ではなくなって残念な思いもあるけれど、今の地元は大阪なので光栄です。でも東京であろうと大阪であろうと、誰かに見てもらいたいからこの一戦をやるのではない。強い人とのヒリヒリ感を味わいたくて続けてきた。さっき天心君と向かい合った時に、久しぶりにすごくワクワクした。この感じ。それこそ“DEAD OR ALIVE”で本気でぶつかりあう」と一人のキックボクサーとして、最強最後の敵に向かう。

◆裕樹:RISE旗揚げ当初から活躍し、“ミスターRISE”とも呼ばれる37歳のベテラン選手。RISEではスーパーフェザー級、ライト級、スーパーライト級で王者に輝き、団体史上初の三階級制覇を達成。2018年11月のムエタイ最強のロッタンとの対戦では強烈なローを武器に敗戦したものの最後までロッタンを苦しめた。前戦は、昨年3月のRISE WORLD SERIES 2019 -61kg Tournamentの1回戦でチャンヒョン・リーに敗れている。

●編集部オススメ

・那須川天心、まさに異次元!僅か90秒の右フックで笠原友希を衝撃KO

・ロッタン強し、三階級覇者・裕樹から2度ダウン奪って完勝

・那須川天心、90秒KO“異次元”右フックを語る=試合後インタビュー

・那須川天心がムエタイ最強の敵ロッタンに大苦戦、延長戦で辛勝し号泣

・【王者たちのデビュー戦】那須川天心15歳「格闘技界に革命を起こす」と宣言、58秒でKO勝利=14年7月

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧