TOP > ニュース 一覧

【レベルス】王者・丹羽に挑むバズーカ巧樹「必ずベルトを奪います。押忍」師・菅原会長も勝利に自信

2020/08/24(月)UP

丹羽の王座に挑むバズーカ「普通にやって普通に勝つ」と”バズーカ節”を炸裂

 8月30日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『REBELS.65』。本大会のダブルメインイベントのひとつ「【無法島 presents】REBELS-BLACK 63kg級タイトルマッチ 3分3回戦(延長1R)」で王者・丹羽圭介(36=TEAM KSK)に挑戦するバズーカ巧樹(23=菅原道場)のインタビューが主催者を通じ届いた。

 この両者の対戦は、今年2月に『KNOCK OUT』にて行われた「無法島Presents KNOCK OUT 64kg GRAND PRIX」で実現する可能性があった。丹羽が一回戦で惜敗した古村匡平を準決勝で下したのがバズーカ。”幻の対戦”と称された一戦が、レベルスのリングに舞台を移し実現する。

好調な仕上がりを見せるバズーカ(右)と、負けじと仕上がる菅原会長(左)

 バズーカは丹羽の印象を問われると「特にないです。普通にやって普通に勝ちます。押忍」と言葉少なにコメント。意気込みも「8月30日は必ずレベルスのベルトを奪います。押忍」と、恒例のバズーカ節で締めくくった。

 そこでバズーカを育て上げた名伯楽・菅原忠幸会長に話を聞くと、無法島GPを経験したバズーカが見せる現在の姿が浮かび上がってきた。

 菅原会長は2月の無法島GPを振り返ると「よくやったと思いますよ。だけどもっと上を目指さないといけない選手だから『ダメだよ』と言っておきました」と、高く評価するがゆえの愛のムチがあったことを明かした。

 1日3試合の過酷なワンデートーナメントにもバズーカは「元々体が強くて、練習も熱心」と対応できていたと菅原会長は評価。高い能力を持つバズーカに足りないものは「あとはキャリアだけ」とし、無法島GPを経て「最近は試合をするごとに強くなっていると思いますよ」と、大きな飛躍の手応えを見せた。

パンチだけでなく蹴り技も多彩で威力抜群のバズーカは豪快なベルト奪取なるか

 対戦相手の丹羽の印象を問われると、菅原会長は「何でもできる選手で、独特なステップが特徴。スタミナも手数もあるけどこれといって強いパンチ力は感じない」と詳細に分析。「倒すとか言ってるけど、多分上手くポイントアウトする試合をするんじゃないかな。バズーカにとってやりにくい相手だと思います」と、愛弟子の苦戦まで想定して見せた。

 しかし、決して弱気になっているわけではない。「どんどん追いかけて、追い詰めて、バズーカ砲をドカンとぶっ放してレベルスのベルトをもらいます」と勝利の道筋は見えている様子。目指すは「西岡蓮太選手とのリベンジマッチでKNOCK OUTのベルトを獲りに行く」と、2月の決勝戦で敗北したシュートボクシング王者・西岡へのリベンジ。2本のベルトを手に入れるため、バズーカと菅原会長との二人三脚は続く。

【大会・チケット情報】 8・30 REBELSプロモーション『REBELS.65』

●編集部オススメ

・丹羽圭介が初防衛戦、挑戦者バズーカ巧樹は“滝行”敢行で王座奪取へ

・ぱんちゃん璃奈、MISAKIに「グラビアアイドル」と言われ闘志「リングでしっかり勝つ」

・8.30 チケット制生配信、ゲスト解説に北川“ハチマキ”和裕、グラドル山本ゆう登場

・MISAKI、ぱんちゃんに勝って「ベルトもファンも根こそぎ持っていきます!」

・ぱんちゃんとMISAKI、共に太く隆起した上腕にKO決着の予感

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧