TOP > ニュース 一覧

【レベルス】丹羽圭介が初防衛戦、挑戦者バズーカ巧樹は“滝行”敢行で王座奪取へ

2020/07/13(月)UP

丹羽(左)とバズーカ(右)の”幻の続き”は2月のトーナメント同様マンガ「無法島」の冠試合に

 8月30日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『REBELS.65』の記者会見が7月13日、都内にて行われた。

 本大会のダブルメインイベントのひとつとして開催される「【無法島 presents】REBELS-BLACK 63kg級タイトルマッチ 3分3回戦(延長1R)」に出場する王者・丹羽圭介(36=TEAM ニワールド)と挑戦者・バズーカ巧樹(23=菅原道場)が会見に出席。タイトルマッチに向けた意気込みを語った。

丹羽は自粛期間中に自らと向き合い続けたことを明かす

 この一戦は今年2月に行われた「【無法島Presents】KNOCK OUT 64kg GRAND PRIX」の”幻の続き”と称される一戦だ。丹羽が一回戦で敗れた古村匡平に準決勝で勝利したのがバズーカ。トーナメントで実現する可能性があった組み合わせが、丹羽のタイトルをかけた一戦として実現する。

 丹羽はコロナウイルス対策の自粛期間中「自分の弱い部分と向き合い、強い部分を伸ばす」という過ごし方をしてきたと明かした。バズーカとの幻の一戦が実現する感想を「森先生の作品のような、生き抜く自分の弱さを認めてそれでも生きたいと思えるような、そんな戦いを実現したい」と、冠となった森恒二氏の作品『無法島』になぞらえながら熱く語った。

丹羽の世界観により生み出された戦闘技術「無双ビート」はバズーカに炸裂するか

 その戦いの相手となるバズーカを「お互い魂が切れる瞬間まで戦い続けるファイター」と高く評価した丹羽。「いいタイトルマッチになると思います」と、時を経て実現する一戦に期待を寄せた。

 一方のバズーカは、丹羽とは対象的に冷静沈着な表情。丹羽の印象を問われても「印象は特にない選手。普通にやって普通に勝つ」と淡々と勝利宣言を見せた。
 元々激しい感情を表に出すタイプではないバズーカだが、従来よりも冷静な理由は”滝行”にある模様。バズーカは自身のSNSにおいて、6月に埼玉の黒山三滝で滝行を行ったことを述べており「悪いことをは全て水に流してきました」と、邪念ともいえる感情も捨て去ったことを明らかにした。

冷静沈着なバズーカは6月に滝行を決行「悪いものは全て水に流しました」

 2月のトーナメントに続き、この一戦に「無法島」の冠を与えた森氏は「丹羽選手、バズーカ選手はひょっとしたら一番強かったんじゃないかというパフォーマンスを見せてくれた」と、トーナメントにおける両者の戦いを高く評価。
 そして「どうしてもこのふたりの試合を見て、(トーナメントで)優勝した西岡(蓮太)選手のベルトをかけた終わらないストーリーを見てみたい」と、今後のストーリー展開にも強く期待を寄せていると語った。

 情熱的に感情を見せる丹羽と、冷静沈着なバズーカの対象的な両者。幻の一戦にふさわしい激闘を期待したい。

☆8.30 REBELS 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・王者・丹羽圭介、MA王者バズーカ巧樹を迎え初防衛戦「命燃やします!」

・ぱんちゃんとMISAKI、共に太く隆起した上腕にKO決着の予感

・8.30 平岡琴が初参戦、山上都乃vs木幡紀帆の10代対決も決定

・グラドル犬童美乃梨、トレーナーが夢”腹筋を鍛えて脂肪を落とす”筋トレも紹介(動画あり)

・等身大『バキ』と並んだ日本一ビルダー横川尚隆の再現度に「リアル刃牙」「腕が刃牙超え」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧