TOP > ニュース 一覧

【Krush】新王者・山際和希「倒せるチャンピオン目指す」近藤魁成と3度目の対戦も視野=一夜明け会見

2020/08/31(月)UP

会見に出席した山際(C)K-1

 8月29日(土)東京・後楽園ホールで開催された『Krush.116』の一夜明け会見が、30日(日)都内にて行われた。

 同大会で開催された[第7代Krushウェルター級王座決定トーナメント]で1日2試合を制して、新王者となった山際和希(谷山ジム)が会見に出席した。

 山際は、1回戦は九州から参戦した一吉を、自身が強化したと話していたパンチでKOして決勝に進出。決勝では、3月にKrushの舞台で対戦して判定負けを喫していた、近藤魁成(大成会館)と対戦。1Rの終盤に近藤が右手首を負傷したため、山際がTKO勝利しベルトを巻いた。

山際はこれまでよりもパンチで責める場面が多かった

 急遽の参戦で結果を残した山際は、1回戦の一吉との対戦は「映像を見た感じだと、パンチとかキックのコンビネーションでもう少し綺麗にくるのかなと思っていたんです。でも開始と同時にガンガン詰めてきて、蹴りも打てない距離で打ってきたので、そこは本当に焦りました」というように、予想外の部分もあったという。

 そんな相手にも、前回3月近藤に負けてから強化してきたボクシング技術で上回り、結果としてTKOで幸先良いスタートを切った。「接近戦の練習をしてきたので、焦りもすぐ冷静に切り替えられて、運良くパンチが当たって、早い段階で倒すことができたので、凄く良かったです」と、これまでの練習の成果が戦いに出たと言ってよいだろう。

 前回近藤に負けてから、山際は自身に足りない部分を補うトレーニングを積んできた。
決勝では、近藤の実力があったため「その5割ぐらいしかできなかったんですけども、2分過ぎたあたりから魁成選手の勢いとかパワーが落ちていくのを感じて、2Rから『さあ畳み掛けるぞ』と思ったら、何だか分からないうちに魁成選手がうずくまっていて、ああいうアクシデントで中止になってしまいました」と、勝利が決まった際の心境を振り返る。

 そのような形での決着については「残念です」としながらも、「2連敗中だったんですけど、腐らずにずっとハードな練習もして、体重管理もして、チャンスを掴む準備はしてたので、そこは胸を張ろうと思います。僕はチャンピオンとしてはまだまだ実力も内容も不十分だと感じるので、これから倒せるチャンピオンを目指していこうと思っています」と前向きなコメントを寄せた。

代名詞のミドルキックが生かせるようなパンチ技術の習得を課題にしている山際(右)

 自分の中でスタイルを進化させた理想形はできているかと聞かれると「まだやっぱり蹴りに比べてパンチが自信がないので、もう少しパンチをやって、両方同じぐらいのレベルにし、相手が『(山際は)何をしてくるのかわからない』ってなるというのが理想かなと思っています」と、自身の成果は感じつつも、今後の更なる進化を誓う。

「やっぱり強い選手と戦いたいというのがありまして、松岡力選手に一回負けてますし、もちろん魁成選手にも勝ってないと思っているんで、3度目の対決も僕はありかなと思います。あと(加藤)虎於奈選手も海斗選手も、もの凄く強い選手ですし、とにかく強い選手とやりたいです」と、今後の戦いを見据えた山際。王者となった山際の今後の戦いに注目だ。

●編集部オススメ

・【Krush】山際和希が近藤魁成の負傷で王座獲得「実力ではない、更に腕を磨く」

・山際和希が一吉を圧倒!猛烈なパンチで幸先良いスタートを切る

・【ラジオ】Krush女王目指す菅原美優が中野浩一と“フリートーク”=8.29、9.5夕方

・【Krush】菅原美優が力強い蹴り技で判定勝利、MOEとの女王決定戦へ

・【Krush】菅原美優が笑顔で計量パス、美容師になって初戦「ワクワクしています」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧