TOP > ニュース 一覧

【KNOCK OUT】9.13“超攻撃型ムエタイ”スアレックが「創世のタイガGP」優勝宣言=コロナ休業が好転

2020/09/05(土)UP

攻撃型ムエタイ、スアレックがトーナメント優勝を宣言した

 9月13日(日)東京・後楽園ホールにて開催する『KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.2』(第2部)で実施される、4人の各団体のチャンピオンが集結する『創世のタイガGRAND PRIX 61.5kg RED 初代王座決定トーナメント』。このトーナメントに参戦するREBELS-REDライト級暫定王者スアレック・ルークカムイ(34=タイ/スタージス新宿)のインタビューが主催者を通じ届いた。

 スアレックはこれまでの戦績は147戦101勝(32KO)35敗11分。かつてはムエタイの二大殿堂のひとつラジャダムナンスタジアムでフェザー級7位にまでランクインした。「超攻撃型ムエタイ」の異名の通り、日本では昨年10月の暫定王座戦では雅駿介にダウンを奪う判定勝ちで元スーパーライト級王座に続く2階級制覇を達成し現在4連勝中と勢いに乗る。
 このインタビューではコロナ禍が逆に怪我を完治させたようで「創世のタイガGP」優勝宣言が飛び出した。

♢以下、インタビュー

 インタビューではスアレックから早々に
「調子がとってもいいです。今回は練習を真面目にやってきました(笑)。体もいい感じで締まっています」

スアレックが雅から右ストレートでダウンを奪う瞬間。REBELS-REDライト級 暫定王者となった。=19年10月

 絶好調の理由の1つは「拳」にある。強打者の宿命で、スアレックも最近は拳の怪我に悩まされてきた。治療をしながら練習を続けて、状態が良くなったところで試合をしてまた痛めて、という繰り返しだったのだ。
「でもコロナがあって、試合の間隔が空いたので、拳もちゃんと治りました(笑)。練習でも思い切って打ってます(笑)」

 対戦相手の分析も終わっている。1回戦は「怒突き合いお兄ちゃん」高橋三兄弟の長男、高橋一眞(第15代NKBライト級王者)。
「少し、試合のビデオを見ました。高橋は蹴りの選手ですね。遠いところにいると蹴りを貰うから、距離を詰めてパンチで倒します。あと、ヒジは注意しますけど、打ってくるならボクも返します、大丈夫です。問題ないです(笑)」

■決勝戦のイメージの相手と対策はこれだ!

 決勝戦は”サイレントスナイパー”小川翔(元REBELS-MUAYTHAIライト級王者)か、”神撃キッカー”重森陽太(WKBA世界ライト級チャンピオン)か。
「あー、重森だと思いますけど。小川はパンチがあって、重森はパンチが苦手で打たれるかもしれないから、小川が上がってくるかも。どちらが来ても大丈夫です。重森なら蹴りに気をつけて、パンチで倒します。彼はパンチを貰うとすぐに効いてしまうから」
 プロ55戦で、ヒジ打ちによる流血TKOを除いて、いまだにKO負けなしという、驚異的なタフネスぶりを誇る小川も、スアレックは「問題ないです」と言い切る。
「小川は背があまり大きくない。だから、やりやすいです。蹴りよりもパンチに注意しますけど、そんなにパワーがなくて、攻撃が重くないから。全然問題ないです」

スアレック(右)と同大会でワンマッチに出場する同ジムの吉野友規。お互い新米パパで記者に子供の写真を見せた、

 スアレックは、定期的にクロスポイント吉祥寺へ出稽古に行って、さまざまなタイプの日本人選手たちとスパーリングを重ねている。
 自分のムエタイテクニックに、日本人選手がどんな反応をするのか、何をすれば嫌がるのかを熟知しているのも、スアレックの強みだ。
「昨日もクロスポイントに行ってきました。ムエタイゴリラ、T-98(タクヤ)さんとスパーリングして。パワーあります。でも大丈夫です。スピードはボクの方があります(笑)」

 スアレックが『創世のタイガGP』優勝に燃えているのは、昨年生まれた子供の存在が大きい。
「名前は茉惟(まい)ちゃん。今、8か月になります。ボクがお風呂に入れていて、練習が終わると家に帰って、一緒にお風呂に入るのが楽しみです」

 お子さんのためにも、いつまでも「強いパパ」の姿を見せたい。
「前みたいに飲みにいったりしてないし(笑)、子供のために頑張ります。9月13日のKNOCKOUTでは『強いスアレック』を見せますので。応援をよろしくお願いします」
構成・撮影 茂田浩司

・この試合のスケジュール、チケット、対戦カード『KNOCK OUT CHAMPIONSHIP.2』=2部

●編集部オススメ

・「創世のタイガGP」に小川翔、重森陽太、スアレック、髙橋一眞の参戦決定

・スアレックが雅駿介からダウン奪い暫定王座獲得

・重森陽太、先輩・江幡塁に続くKOのベルト狙う=創世のタイガGP

・【レベルス】ぱんちゃんとMISAKI、共に太く隆起した上腕にKO決着の予感

・【KNOCK OUT】与座優貴、横浜流星と9年ぶり“再戦”に刺激、次戦勝利で「上に行くための弾みつける」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧