TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】北岡悟、川名雄生に送ったアドバイスは「自分を全部さらけ出すこと」

2020/09/16(水)UP

キレのあるパンチを繰り出す北岡

 9月27日(日)さいたまスーパーアリーナで開催される『RIZIN.24』に出場する、北岡悟(パンクラスイズム横浜)と、川名雄生(Y&K MMA ACADEMY)が、9月16日(水)公開練習を行った。

 元DEEPライト級王者の北岡は、今大会で現パンクラスライト級王者・久米鷹介(ALIVE)と対戦する。

 北岡は、サウスポーに構え、ワンツーを中心としたキレのあるパンチをミットに叩き込み、快音を響かせた。

RIZINのリングで強烈な拳を振るう北岡(左)

 北岡といえば、18年の大晦日に不退転の覚悟で勝負に挑んだ川尻達也戦では激闘の末に勝利。昨年4月の『RIZIN.15』ではホベルト・サトシ・ソウザ、7月の『RIZIN.17』では元UFCファイターのジョニー・ケースという強豪と対戦し、敗れはしたが、その存在感と試合に挑み戦い続ける姿は、観る者を魅了する。

 今年7月に自ら主催した『iSMOS.1』では、対戦相手となったZSTライト級王者の小金翔に何もさせず、ベテランならではの経験と意地を見せつけた。1年振りとなるRIZINのリングで“北岡悟”の全てを懸けパンクラス王者に挑む。

 対戦相手の久米についての印象を聞かれると、「全てが高い水準の強い選手と思います」と警戒しており、「対戦するにあたって警戒する部分は右のパンチですね」と、久米の右の強打に気をつけながら戦いたいと話した。

 1年ぶりのRIZIN出場となる北岡は、今大会にかける思いも強く、どのような戦いを見せてくれるのか注目だ。

公開練習で左ストレートを見せる川名

 川名は現・修斗世界ライト級王者。柔道をバックボーンとするが打撃も得意とする。今年7月に松本光史が返上した修斗世界ライト級王座を懸けてキャプテン☆アフリカと対戦し、1Rに右ストレートで見事KO勝利を収め王者に輝いた。

 今回は[RIZIN MMAルール (71.0kg):5分3R※肘あり]で、現DEEPライト級王者・武田光司(BRAVE)と対戦する。

 北岡からは「負けてるのに、何故か(RIZINに出場することが)レギュラー化している僕からすると、思いっきりやることが大事なんじゃないかなと思います。自分を全部さらけ出すのがいいのかなと思います。あとは、お好みでどうぞ」とのアドバイスをもらった。

 武田との対戦に、心境としては「怖いですね。試合毎回ですけど怖くて怖くて逃げ出したくなるけど、1日1日恐怖と戦いながら過ごしています」というように、自身と向き合いながら、試合までの期間を過ごしている。

 最後に、「自分のファイトスタイルは、チャンピオンらしいスタイルではないけど、より一層自分らしさを出していきたいかなと思います」と意気込んだ。

☆9.27 RIZINの決定対戦カード、スケジュール、チケットはこちら

●編集部オススメ

・【RIZIN】矢地祐介vs大原樹里、北岡悟vs久米鷹介など4カードが決定

・【RIZIN】朝倉海が緊急参戦、相手は”3秒KO”の元パンクラス王者・昇侍

・【RIZIN】朝倉未来vs斎藤裕の対決は「実現に向けて動く」(榊原CEO)

・【RIZIN】朝倉海の王座戴冠に元王者・堀口恭司「待っててね」

・【RIZIN】元十両・貴ノ富士が参戦決定、MMAで外国人レスラーと対戦「大和魂見せる」=9.27さいたまSA

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧