TOP > ニュース 一覧

【Krush】王者・玖村将史、軍司泰斗との再戦に「レベルの差は開いている。圧倒的に勝つ」=9.26

2020/09/20(日)UP

公開練習でパンチで快音を轟かせた玖村(C)K-1

 9月26日(土)後楽園ホールで開催される『Krush.117』において、軍司泰斗(K-1ジム総本部チームペガサス)を迎えて防衛戦に挑む、Krushスーパー・バンタム級王者・玖村将史(K-1ジム五反田チームキングス)が公開練習を行った。

 公開練習では、鋭いパンチのコンビネーションを披露した後「追い込みも終わって、あとは疲労を抜いて調整する段階です。一番きつい時期は乗り越えましたし、今までで一番いい仕上がりだと思います」と、自信ありげに語る。

コメントする玖村(C)K-1

 玖村にとっては、今年の3月に金子晃大に判定勝利して以来の試合となる。玖村が目指したのは「相手に何も当てさせずに完封して倒す」というスタイルだ。「コロナの影響でジムを使えない時期も、普段はできない練習をして、より頭を使うようになりました。まだ全然理想の動きは出来てないですけど、感覚は掴めてきた」との手ごたえを感じている。

前回の軍司戦で的確にパンチをヒットさせ勝利、王者となった玖村(右・19年2月)

 挑戦者の軍司とは、昨年2月に第6代Krushスーパー・バンタム級王座決定トーナメント決勝で対戦、玖村が判定勝利し王座を戴冠している。その後、軍司は玖村の実兄・玖村修平、K-1で武居由樹を苦しめたタイの強豪スリヤンレックに勝利するなど、実績を積んでいる。玖村も「攻撃力があって良い選手だと思います。最近の試合を見ると、今までより試合慣れしてきた印象があります」と、分析している。

 しかし、「自分の方が成長している自信はあるか」という問いに玖村は「間違いなくそうですね」と即答。「前よりレベルの差は開いていると思います。向こうもレベルが上がっていると思いますが、僕の方が質の高いことをやってきたので、試合をすれば差が分かると思います。良い勝負じゃなくて圧倒的に勝ちます」と意気込んだ。

鋭いパンチをミットに叩き込んでいく玖村(右)

 その先に玖村が見据えるのは、K-1王者・武居由樹へのリベンジだ。玖村は昨年の6月に、世界最強決定トーナメントで、武居にKO負けを喫している。「僕はこの階級で世界一強くなることが目標。今回の試合スーパー・バンタム級で一番強いと思われる姿を見せられると思います」とコメントし、最後にはK-1王者への挑戦に意欲を示した。

☆9.26 Krush 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【Krush】玖村将史vs軍司泰斗のタイトル戦含め5カード発表、元王者・西京佑馬、島野浩太朗ら参戦

・打たせずに打つ、技巧派・玖村将史が新王者に=前回の対戦

・【K-1】サイバーエージェントと出資契約を締結「“100年続くK-1”を目指していきます」

・”JKファイター”MOE、菅原美優を「壊すようなKOする」と撃破宣言

・【K-1】ロンハー出演グラドルの小島みゆ決定で、今年度ラウンドガール6名全員揃う

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧