TOP > ニュース 一覧

【ONE】チャトリ代表が女子アトム級ワールドGPの来年開催を発表、平田樹や山口芽生ら日本人参戦なるか

2020/10/05(月)UP

ONEのチャトリ代表が2021年に女子アトム級WGP開催を発表

 アジア最大級の格闘技団体、ONEチャンピオンシップ(以下、ONE)のチャトリ・シットヨートン会長兼CEOが、10月2日、自身のSNSで来年に女子アトム級ワールドグランプリ(WGP)の開催を計画していることを発表した。

 当日にONE女子アトム級王者のアンジェラ・リー(24=シンガポール)が妊娠報告を自身のSNSに投稿したが、チャトリ代表はその事についての祝福と併せて、ONE史上初の女子選手によるトーナメント開催が決定したことを明らかにした。具体的な開催時期や出場選手については、後日に発表される見通し。

ONEデビューから3連勝中の“シンデレラガール”平田樹の参戦はあるのか?

 ONEは過去、フライ級MMA(優勝者:デメトリアス・ジョンソン)、ライト級MMA(同:クリスチャン・リー)、フェザー級キックボクシング(同:ジョルジオ・ペトロシアン)と、3度のWGPを実施しており、世界トップの8名による凌ぎを削る戦いは多くの名勝負を生み、新しいスター選手も誕生してきた。

来年でプロ14年目を迎えるベテラン山口芽生。悲願のONEベルト奪取のチャンスを掴むか

 ここ数年、世界の格闘技界で女子選手の活躍は目覚ましい。ONEの女子アトム級は、成長著しい選手が集まっており、今回のトーナメントに、アンジェラの持つタイトルへの挑戦権を手にしていたMMA8戦全勝のデニス・ザンボアンガ(フィリピン)、キックとムエタイの2冠の偉業を成し遂げ、MMAの王座に挑戦するスタンプ・フェアテックス(タイ)ら人気選手や、平田樹や山口芽生(V.V Mei)などの日本勢がエントリーするか、注目だ。

●編集部オススメ

・【ONE】平田樹、二競技制覇のスタンプと戦わば「勝機はある」ダンス対決にも注目か

・【ONE】アトム級女王アンジェラ・リーが妊娠報告「夢が叶った、母親になることは私の最終ゴール」

・賞金1億円トーナメントはペトロシアンが完封勝利で優勝=フェザー級キックWGP

・デメトリアス・ジョンソンがグラウンドで圧倒しフライ級WGP制覇

・代打出場の王者クリスチャン・リーが死闘を制しライト級WGP制覇

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧