TOP > ニュース 一覧

【K-1】“問題児”芦澤竜誠が電撃復帰「ただいまK-1 壊すぜK-1」 =12.13両国

2020/10/12(月)UP

1年4ヶ月ぶりにK-1のリングに上がる芦澤。復帰の理由は「K-1への恩返し」

 2020年12月13日(日)東京・両国国技館で開催される『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~サブタイトル未定~』の第1弾の対戦カードが10月12日(月)都内の記者会見で発表され、K-1の“問題児”こと芦澤竜誠(25=PURGE TOKYO)の復帰が決まった。K-1 スーパー・フェザー級ワンマッチで元krush王者・島野浩太朗(28=菅原道場)と対戦する。

 芦澤は昨年6月に大岩龍矢に敗れた後、K-1からの引退表明。しかし、今年9月のK-1DX企画『芦澤竜誠を殴りたいやつ、大募集』に出演し活動を再開。今回、1年4ヶ月ぶりにK−1のリングに復帰する。

12.13K-1両国大会、芦澤は元krush王者の島野と激突

 芦澤と対戦する島野は、Krushを主戦場とし、18年6月に郷州征宜を下してKrushスーパー・フェザー級王座を獲得し、同年12月に大岩龍矢の挑戦を退けて初防衛に成功。2019年3月に西京佑馬に敗れてタイトルを失ったが、その後に2連勝と波に乗っている。

K−1 DX企画『芦澤竜誠を殴りたいやつ、大募集』の番組内でアンチにブチ切れる芦澤(C)AbemaTV, Inc/K-1

 芦澤は会見で「別の団体での復帰も考えたが、アンチの企画(『芦澤竜誠を殴りたいやつ、大募集』=ABEMA)の時に俺を注目させてくれたので、K-1に恩返しなければいけないと思った。引退試合のときに負けた大岩選手に、島野選手は勝ってる。その島野選手をKOすれば言うことない」と、復帰戦にかける意気込みを語った。

 芦澤は会見後、自身のツイッターで「12月13日は芦澤竜誠の日だ」と宣言、「ただいまK-1。壊すぜK-1」とファンにメッセージを送った。

  対する島野は「芦澤竜誠の名前はいまや特別な価値があると思う」と、注目選手の対戦に意欲を見せた。

●編集部オススメ

・【K-1】KO量産の木村ミノルが9ヶ月ぶり参戦「自信ある選手は立候補を」=12.13両国

・【K-1】悪童・芦澤竜誠が引退宣言「また会う日まで、さようなら」

・【K-1】芦澤竜誠危うしか、前田日明や久保優太が“対複数戦”警告とアドバイス

・【K-1】大岩龍矢が2度のダウンを奪い悪童・芦澤竜誠との再戦を制す(動画あり)

・【K-1】芦澤竜誠が小澤海斗を突き飛ばし乱闘に発展

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧