TOP > ニュース 一覧

【K-1】芦澤竜誠が小澤海斗を突き飛ばし乱闘に発展

2018/09/23(日)UP

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

にらみ合いから芦澤(右)が小澤(左)を突き飛ばし、小澤も腕をつかもうとする

 9月24日(月・祝)さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナで開催される『K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~初代クルーザー級王座決定トーナメント~』の前日計量&記者会見が、23日(日)都内にて13:00より行われた。

“K-1史上最も危険な戦い”との前評判も高い危険人物同士の一戦、第2代Krushフェザー級王者・小澤海斗(25=K-1 GYM EBISU FREE HAWK)vs芦澤竜誠(23=K-1ジム総本部チームペガサス)は、やはり乱闘騒ぎへと発展した。

 小澤は57.4kg、芦澤はフェザー級リミットちょうどの57.5kgでそれぞれ計量をクリアーすると、その場で顔を近づけてのにらみ合いを展開。ここで芦澤が小澤を突き飛ばし、小澤が手を出そうとしたところで複数のスタッフが止めに入って暴れる両者を引きはがした。

 その後に行われた記者会見では、「危険すぎる」との理由から両者のツーショットは中止に。芦澤は「俺は絶対に倒しに行く。人生を懸けて絶対に倒す」とKO勝利宣言し、小澤は「明日、見ててください」とだけコメントした。

 小澤に先に手を出した理由を聞くと「だって、普通に顔を見たらムカつくじゃないですか。まあ明日、最高の舞台で戦えるので、どうなるか分かりますよ」と不敵な笑み。突き飛ばされた小澤は「どうとも思いません」とだけ答えた。

 記者会見では机の端と端で離れて座っていた両者だが、乱闘騒ぎも含めて終始ピリピリムード。やはり、K-1史上最も危険な戦いとなりそうだ。

●小澤と芦澤、乱闘の一部始終

<選手コメント>

スアレック・ルークカムイ(32=タイ/STURGIS新宿ジム)=右
「今日は計量も上手くいったので明日は全力で戦いたい。KOできると思う」

郷州征宜(32=K-1ジム総本部チームペガサス)=左
「明日は初めてのタイ人ですが、自分を信じて思い切りやるだけです。全力で倒しに行きます。Abema TVからのKOボーナス(各試合20万円)があるので、私も全力でKOします」

林 健太(23=K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)=右
「朝起きて、おでこにニキビがあること以外は完璧です。負ける気が全くしないので、明日は倒してボーナスをゲットして帰ります。みんな思っているけれど、(安保の身体は)薄くてペラペラで。俺のパンチはガッチリした人でも耐えられないから、あんなガリガリだったらすぐに倒れるでしょう」

安保瑠輝也(あんぽ・るきや/22=team ALL-WIN)=左
「いつも減量しすぎて計量後は喋れないんですが、今日は喋れます。僕も1ミリたりとも負ける気がしないので明日は1Rから叩き潰しに行きます。(林の言葉に)明日は普通に倒してやるから覚悟しとけ」

【大会・チケット情報】 9・24 K-1実行委員会「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~初代クルーザー級王座決定トーナメント~」

●編集部オススメ

・史上最も危険なカードが実現、乱闘寸前で会見大荒れ

・芦澤竜誠が小澤海斗に噛みつきまくる「アイツは俺に倒されて死ぬまで俺を憎む」

・小澤海斗の俺様節がさく裂、挑発した芦澤竜誠に「クソガキに分からせてやる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

eFightの試合動画
試合レポートと同時にアップする速報動画では、KOシーンはスーパースロー再生。

関連動画

関連記事

」をもっと見る



【関連リンク】

TOP > ニュース 一覧