TOP > ニュース 一覧

【K-1】ライト級王者・林健太がKO負けした因縁のゴンナパーと初防衛戦へ=12.13両国

2020/10/13(火)UP

12.13 K-1、因縁のゴンナパーとの防衛戦に挑むライト級王者の林

 2020年12月13日(日)東京・両国国技館で開催される『K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~サブタイトル未定~』の第1弾対戦カード発表記者会見が、10月12日(月)都内にて行われた。

[K-1 WORLD GP ライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]にて、同級王者の林健太(FLYSKY GYM)が、挑戦者でKrushライト王者のゴンナパー・ウィラサクレック(タイ/ウィラサクレック・フェアテックスジム)と対戦する。このタイトル戦は当初、9月の大阪大会で予定されていたが、林が練習中の骨折により欠場し、延期となっていた。

17年11月、ゴンナパー(左)が右フックを打ち抜き林からダウンを奪う瞬間

 両者は17年11月のKrushで一度対戦しており、その時はゴンナパーがKO勝利を収めた。林にとっては、今回の試合は単なる初防衛戦ではなく、因縁の相手との雪辱戦となる。また、ゴンナパーにとっては、悲願のK-1王座獲得がかかった大一番となる。

 林は会見で「3月に(『K’FESTA.3』朝久泰央とのノンタイトル戦で)負けてしまって、沢山の人に悔しい思いをさせた。自分も悔しいけど、応援してくれる人たちに、そんな感情を持たせたのは自分としても情けない。だから、次は絶対負けない。勝って結果を出したい。ベルトより勝ちたい気持ちが強い」と“必勝”の決意を語った。

悲願のK-1王座を目指すKrush王者のゴンナパー

 対するゴンナパーは「今回、自分がタイ人としてK-1の中で歴史を作るという意味でも、またさらに皆さんに知ってもらいたいという意味でも、是非ベルトは獲りたい。リングの上では自分の仕事をきっちり果たしたいと思う」とベルト獲得への意気込みを語った。

 また[スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R]として、朝久泰央(朝久道場)と蓮實光(パラエストラ栃木)の対戦が発表された。

朝久(左)と蓮實(右)が対戦決定

 現在5連勝中と波に乗る朝久は「9月に試合をして、年内にもう一試合できることにとてもウズウズしてます。俺が必ずKOで勝ちます」とKO宣言。

 同大会で行われる、同階級の王者・林vsゴンナパーのタイトルマッチについては「もちろん意識はしてます。どちらも強い選手なので戦ってみたい」とコメント。さらに「僕はやっぱりデカいヤツとやりたいので、この階級だけじゃなく、上の階級のチャンピオン全員やっつけにいこうと思ってます」と意気込んだ。

 一方の蓮實は、今年3月、7月と連続KO勝ちする好調ぶりを見せており「僕のパンチが当たれば誰でも失神するんで、KOで倒します」と今回もKOを狙う。自分はK-1王者という称号を獲りたいだけなので、林選手とゴンナパー選手の試合は興味があります」と言い「キッチリKO勝ちして、タイトルマッチにつなげられるような試合をします」と改めてKO宣言した。

スーパー・フェザー級では村越(左)と山本(右)が激突

[スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]では、村越優汰(湘南格闘クラブ)と山本直樹(優弥道場)が対戦決定。

 村越は「(フェザー級から)階級を上げて、まだ勝ててないので、何としてもここは勝ちたいと思います。純粋にもう負けられないと思っているので、気合いも入っている」と闘志を燃やした。

 対する山本は村越選手はフェザー級の元チャンピオンですし、武尊選手、レオナ選手と戦っている凄い上のクラスの選手。でもそういう選手を倒していかないと自分はベルトに近づけないと思うので、しっかり倒したいと思います」と意気込み。村越の多彩な蹴り技の中でも「特に三日月蹴りが威力がある」と警戒しているようだ。

 それを聞いた村越は「相手が警戒してくれてるので、三日月蹴りで倒してもいいかな」と、得意の三日月蹴りで勝利を狙う構えも見せた。中村拓己K-1プロデューサーが「スーパー・フェザー級の生き残りを懸けたシビアな試合になる」と言う、この一戦を制するのは果たしてどちらか。

 その他、スーパー・フェザー級では芦澤竜誠(PURGE TOKYO)vs島野浩太朗(菅原道場)の一戦や、K-1スーパー・ウェルター級王者の木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/PURGE TOKYO)が参戦することも発表された。

●編集部オススメ

・【K-1】KO量産の木村ミノルが9ヶ月ぶり参戦「自信ある選手は立候補を」=12.13両国

・【K-1】“問題児”芦澤竜誠が電撃復帰「ただいまK-1。壊すぜK-1」=12.13両国

・【K-1】井上尚弥の父から指導を受ける林健太「ホンマに勝ちに徹します」

・前回の林vsゴンナパー=2017年11月(記事下段)

・【K-1】武尊が拳骨折でレオナとのタイトル戦が中止、復帰まで半年か=11.3福岡

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧