TOP > ニュース 一覧

【RISE】魚井フルスイング、中村寛の”当たらないパンチ”発言にも「当たる時は当たります」

2020/10/22(木)UP

魚井の豪打はキックの豪腕・中村に当たるのか

 11月1日(日)エディオンアリーナ大阪で開催される『RISE DEAD OR ALIVE 2020 Osaka』に参戦する、修斗世界バンタム級7位の魚井フルスイング(35=和術慧舟會HEARTS)が公開練習を行った。

 魚井は、第6代DEEP☆KICK-60kg級王者・“人獣”中村寛(23=BK GYM)と対戦する。

 公開練習は自身の練習後に行われ、疲れきっているのかゆっくりと軌道を確かめるようなシャドーを行った。
 その後も元キックボクサーのMMAファイター・涌井忍が持つキックミットに、ストレートやミドルを軽めに打ち込む魚井。しかし涌井がいきなり魚井を投げ飛ばすと、グラウンドでのマウントパンチのミット打ちに。さらに涌井が上になると、疲れている魚井はひたすら防戦一方となる。これが繰り返され、3分のブザーが鳴った。

”想定外”のマウントパンチ練習も行われた

 練習後のインタビューで、魚井は「打ち合わせの間違い。(やられている場面については)カットで」と想定外のパフォーマンスだったようだ。 

 今回魚井はプロ初のキック参戦となる。魚井は最初、オファーを受けた時には「無理だろうと思って、断ったんですね。なかなか難しいものがある。いきなりプロ興行に出てる選手相手だと、やりたくないなとすごく思って」と一度は断ったのだと言う。
 しかし「何日かしたら、自分の中ですごくモヤモヤして。MMAが好きなので、これを断った結果、プラスになるのか。(オファーを)受けて試合終えた後、得るものがあるか考えると、これはやったほうがいいな。やりたくないから、やろう」と、考え直し受けたのだと言う。

キックボクシング戦はプロ初となる魚井

 対戦相手である中村のイメージは「試合はちょくちょく見てます。フィジカルがあって、盛り上げようとするいい選手じゃないですか」と一旦は持ち上げる。
 しかし中村が「(魚井は)下を向いて打っていて、きしょい」とコメントした話題が出ると「もうトラッシュトークじゃなく、悪口ですよね」と苦笑する。「傷ついてはいるんですけど、『そういう感じのキャラなのかな』ってことで。でもきしょいはダメですよね」と若干根に持っているようだ。

 現在3連敗中の魚井だが「最近メンタル的な部分で思う所があって。そこを意識したらまた負けるんじゃないかな、自分自身に。勝てるイメージがないんですよね。この前のRIZIN(今年8月、元谷友貴に一本負け)でも思ったんですが、お客さんの前で見せる価値のある試合をしたい、そこに尽きますね」と自分自身を乗り越えたいとする。

RIZINでフルスイングフックを炸裂させKOする魚井フルスイング

 中村はコメントで「下を向いて打っているので、(自分にパンチは)当たらない」と豪語しているが、魚井は「当たる時は当たります」と豪打に自信を持つ。「キック初参戦で勝ったら、美味しいですよね。都合よくポカンと当たってKO出来たら一番いい」とひょうひょうとした笑顔で返す。

 最後に「前回のRIZINの試合では、自分自身悔しかったのが一番ですけど、見に来てくれた人にとって面白くない試合しちゃったというのが悔いとしてある。今回他競技だけれど、熱い試合、自分自身で入り込めるような試合をしたいと思います」と静かに意気込んだ。

☆11.1 RISE 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・フルスイング炸裂!魚井が豪腕RIZINデビュー

・那須川天心と引退試合の裕樹が、天心ファンに伝えたいこと

・“人獣”中村寛、魚井とのフルスイング対決は「向こうが打ち合ってくるなら、一瞬で終わる」

・【テレビ】井上尚弥のラスベガス防衛戦、フジが全国ゴールデンで放送=11.1

・【RISE】人気グラドル清瀬汐希ら4名が新メンバー、2020ラウンドガール

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧