TOP > ニュース 一覧

【新日本キック】モデル美女・アリスが再起戦「悔しい気持ち、頑張れる」=10.25後楽園

2020/10/22(木)UP

アリスが悔しさバネに連続参戦

 10月25日(日)東京・後楽園ホールにて開催される『MAGNUM 53』にキックボクサー兼モデルのアリス(16=伊原道場本部)こと高橋アリスが9月大会に続いて参戦する。女子54kg契約の一戦(2分3R)で、対戦相手は、NJKFなどに参戦する上野hippo宣子(ナックルズGYM)。

 アリスは4歳の時からキックボクシングの名門・伊原道場で練習を積み、キャリアは13年の筋金入りのキックボクサー。2018年には「ミスセブンティーン2018」の栄冠にも輝き、現在は『UNDER ARMOUR』『EVERLAST』など、スポーツ系モデルとしても活躍している。

 昨年3月のデビュー戦で判定勝利したが、今年9月の2戦目では判定負けを喫した。

デビュー戦で長い脚で蹴りこみ勝利したアリス

 SNSでは前回の敗戦後、同門で幼少時からキックを教えてくれていたという江幡睦・塁との3ショットを投稿し「もう泣かない。次は絶対。塁君、睦君に恩返しできるように」「練習で出来てもリングの上で出来なかったら意味がない。心も体も強くならないと」と次戦の必勝を誓っていた。

 さらに今月18日の投稿では「前回の試合で改めてキックが好きなんだってわかった。前回負けて凄く悔しかった。もう自分はキック向いてない、やめたい。とまで思いました。でもここでやめたら、逃げてるだけ。この悔しい気持ちがあるからこそ、練習でも頑張ろうと思えます。また明日から頑張ろう」とは悔しさを糧に練習に励んでいるようだ。

 今回で1勝1敗の3戦目、アリスは勝ち越すことができるか。

☆10.25 新日本キック 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・ミスセブンティーンのアリス「チャンスがあれば、ぱんちゃんと戦いたい」

・モデルと二刀流のアリス、1年半ぶりの2戦目に「もう一回デビューみたい」=前日計量

・アリスがプロデビュー戦に勝利

・ぱんちゃん璃奈が計量パス、来年のベルト奪取に向け「しっかり倒して決める」

・【新日本キック】健太が自身最軽量の62kg戦に挑む、相手はライト級王者・高橋亨汰=10.25後楽園

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧