TOP > ニュース 一覧

【UFC】ライト級統一王座戦は激戦必至、必要とあらば「100回でもテイクダウンを決める」(ヌルマゴメドフ)

2020/10/23(金)UP

UFCライト級統一王座戦で、正規王者・ヌルマゴメドフと暫定王者・ゲイジーが激突!

 10月25日(日・日本時間)アラブ首長国連邦・アブダビのヤス島に特設された「ファイトアイランド」にて開催される『UFC254』のメインイベントとして、正規王者ハビブ・ヌルマゴメドフ(32=ロシア)と暫定王者ジャスティン・ゲイジー(31=米国)によるライト級王座統一戦が行われる。

強烈なパンチをヒットさせるヌルマゴメドフ

 強力なテイクダウンからグラウンドに持ち込み優位なポジションを奪うと、一気にパウンドやサブミッションなど多様な攻めで、相手を“蟻地獄”のような苦しみに陥れ、圧勝するヌルマゴメドフ。
 一方、全米トップレスラーのバックグラウンドを持ち、KO率86%の破壊力ある打撃で、過去4試合全てKO勝利を収めているゲイジー。今回の一戦は、テイクダウンが勝負の鍵と言われている。

マクレガー(右)にパンチをヒットさせるヌルマゴメドフ

 21日に行われた記者会見で、ヌルマゴメドフは「彼(ゲイジー)の蹴りはスタンドの展開であれば、素晴らしい。しかし、私が相手の脚を掴めば、状況は少し変わるだろう。(これまで自分が戦ってきた)ダスティン(ポイエー)やコナー(マクレガー)やその他の選手と比べると、ゲイジーはレスリングが出来るので、多少は厳しい対戦相手だ。しかし、私は彼を100回でもテイクダウン出来る。万全の準備をしてきた」と、いつも通りの試合展開で自分が完勝する考えを示した。

 一方のゲイジーは暫定ベルトを返却した後、ヌルマゴメドフが肩にかけている正規王者のベルトを指差し「それは私が欲しいものだ」と、強い闘志をみなぎらせた。

▶︎次ページは、22日公開された『UFC254』メインイベント、ヌルマゴメドフvsゲイジーのライト級統一王座戦のティーザー映像

●編集部オススメ

・【UFC】ヌルマゴメドフvsゲイジー王座統一戦を予想「ゲイジーのタックル対処が鍵」(高阪剛)

・【UFC】引退試合に臨むアンデウソン・シウバ「心の準備はできた」=11.1

・【テレビ】ヌルマゴメドフvsゲイジーのUFCライト級王座統一戦、WOWOWにて生放送=10.25

・【UFC】ファーガソンがTKO負け、ヌルマゴメドフとの対戦再び遠のく=5.10

・【UFC】衝撃KO劇、歴史に残るスゴ技が飛び出す=UFC2戦目バックリー(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧