TOP > ニュース 一覧

【K-1】地元福岡出身・K-Jee、王者カリミアンに「ワンサイドゲーム、ボコボコにして終わる」=前日計量

2020/11/02(月)UP

王者・カリミアン(左)に地元・福岡のK-Jeeが挑む

 11月3日(火・祝)福岡・国際センターで、開催される『ECO信頼サービス株式会社 PRESENTS K-1 WORLD GP 2020 JAPAN』の前日計量&記者会見が、2日(月)福岡市内にて行われ、出場全28選手が計量を1回目でパスした。

 明日のメインイベントでは、[K-1 WORLD GPクルーザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]で、王者・シナ・カリミアン(32=POWER OF DREAM)が、地元の福岡でタイトル獲得を目指す、K-Jee(29=K-1ジム福岡チームbeginning)と激突する。

鋭い眼光で計量をパスしたカリミアン

 カリミアンは、リミットの90.0kgを100gアンダーの89.0kgで、K-Jeeは、89.6kgで両者とも計量をパス。

 この試合は本来ワンマッチとして、行われる予定であったが、K-1実行委員会がカリミアン側にタイトルマッチへの変更を打診し、カリミアンと所属するPOWER OF DREAMがそれを承諾。K-Jee側もタイトルマッチへの変更を承諾したため、王座戦へ変更となった。

対するK-Jeeも計量をパス

 両者は、18年9月の初代K-1クルーザー級王座決定トーナメント準決勝で対戦しており、その時は3R判定3−0(30-28、30-27×2)とカリミアンが差をつけて、勝利した。今回の試合では、カリミアンは3度目の防衛戦、K-Jeeにとってはリベンジと念願のK-1王座獲得を目指す大一番だ。

 K-Jeeは「明日は、いよいよベルトを巻く日になりました。一つの夢を実現できます。明日は楽しみにしていてください。元々タイトルマッチを希望していたし、タイトルマッチでもスーパーファイトでも絶対に勝つという気持ちでトレーニングに励んで来ました」と準備万端だ。

意気込みを語るカリミアン

 カリミアンは「足立区から来ました」と挨拶し、「今は良い状態で明日に向けて準備が出来ています。K-Jee選手は、このベルトに触れるのは、夢の中だけだと思っている」と、ベルトをK-Jeeが巻くことはないと断言。日々の鍛錬により「日本で一番のジム(POWER OF DREAM)でハードな練習をしてきた」と自信を覗かせる。

 再戦となることについて、カリミアンは「彼には自分が前回と変わったか、リングの上で見せたい。今の自分は、前回と比べて(パンチが)軽くなったように、見られているかもしれないが、パンチを受ければ、過去との違いが分かる」と、トーナメントで対戦した時より、進化していると発言する。

「ボコボコにする」とK-Jee

 それを受けて、K-Jeeは「前回は、準備不足でした。相手の武器を理解していなかったですし、対応できてなくて、飲まれていきました。今回は十分に対策してきたので、明日はワンサイドゲームになって、(自分がカリミアンを)ボコボコにして終わると思っています」と、王者を叩き潰すと宣言する。

 さらに、K-Jeeは「(カリミアンは)穴だらけなんですけど、なんか上手い、やりにくいさがあって、リーチとかスピードも結構ある。でも、穴は見えているのでそこを突く」と弱点を突いて、タイトルマッチを制す覚悟だ。

メインイベントでベルトを巻いて、リングに立っているのはどちらか

 かなりの自信を覗かせるK-Jeeに対して、カリミアンは、王者として「K-Jee選手はおそらく自分が2年前と変わっていないと思っているんじゃないでしょうか。やはり、愛鷹選手に聞いてみるといいと思います。愛鷹選手は、自分と戦った後、どれだけ自分が変わったか驚いていました。(昨年8月、愛鷹亮にKO負けを喫したカリミアンだが、今年の3月にリベンジに成功している)明日はチャンピオンとして、やるべきことをして必ず勝ちたい」と王者としての差を見せ、勝利すると誓った。

<全選手計量結果>

▼第10試合/K-1 WORLD GPクルーザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
シナ・カリミアン(王者/イラン/POWER OF DREAM)→89.0kg
vs
K-Jee(日本/K-1ジム福岡チームbeginning)→89.6kg

▼第9試合/スーパーファイト/K-1女子フライ級/3分3R・延長1R
KANA(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)→51.5kg
vs
壽美(日本/NEXT LEVEL渋谷)→51.5kg

▼第8試合/スーパーファイト/K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
野杁正明(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)→67.4kg
vs
ヴィトー・トファネリ(ブラジル/ブラジリアンタイ・闘英館)→67.3kg

▼第7試合/スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
朝久裕貴(日本/朝久道場)→59.5kg
vs
大岩龍矢(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)→59.9kg

▼第6試合/スーパーファイト/K-1クルーザー級/3分3R・延長1R
RUI(日本/K-1ジム五反田チームキングス)→89.8kg
vs
ANIMAL☆KOJI(日本/LEGION TOP TEAM)→87.9kg

▼第5試合/スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
山本真弘(日本/N.F.T.T.)→59.5kg
vs
SATORU成合(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)→60.0kg

▼第4試合/スーパーファイト/K-1女子アトム級/3分3R・延長1R
山田真子(日本/KINGS)→44.8kg
vs
優(日本/北斗会館押上道場)→44.8kg

▼第3試合/スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R
水町浩(士魂村上塾)→62.1kg
vs
竜樹(日本/WSRフェアテックス九州)→62.0kg

▼第2試合/スーパーファイト/K-1スーパー・ウェルター級/3分3R・延長1R
小鉄(日本/K-1ジム琉球チーム琉神)→69.9kg
vs
絢太(日本/CUC)→69.7kg

▼第1試合/スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
晃貴(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)→54.8kg
vs
壬生狼一輝(日本/力道場静岡)→54.7kg

▼プレリミナリーファイト第4試合/K-1スーパー・バンタム級/3分3R
野田蒼(日本/月心会チーム侍)→55.0kg
vs
紫苑(日本/KIZUNA田川本部道場)→54.0kg

▼プレリミナリーファイト第3試合/-59kg契約/3分3R
寺田匠(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)→58.8kg
vs
貞松宏隆(日本/Mataharigym)→58.7kg

▼プレリミナリーファイト第2試合/K-1スーパー・フェザー級/3分3R
勇治(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)→60.0kg
vs
志樹(日本/シルスジム)→59.7kg

▼プレリミナリーファイト第1試合/-53kg契約/3分3R
大石和希(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)→52.8kg
vs
西林翔平(日本/K-1ジム福岡チームbeginning)→52.8kg

●編集部オススメ

・【K-1】王者カリミアン、K-Jeeとの一戦はタイトル戦に昇格、V3かけ”準備に入る”=11.3福岡

・【前回の試合のレポート】イランのカリミアンがK-Jeeを圧倒して決勝へ進出(動画あり)

・Krush王者K-Jee、巨人カリミアンの「武器を削る!」牙城崩しに自信

・【K-1】カリミアンがダウン応酬の激闘の末、“宿敵”愛鷹亮を退け王座防衛(動画あり)

・【K-1】初参戦の“野獣”ANIMAL☆KOJI「K-1ファイターとして名を残す」=11.3福岡

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧