TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】朝倉未来、修斗世界王者・斎藤裕と争う王座戦は「ベルト価値高くない」斎藤「それを言っちゃお終いよ」

2020/11/05(木)UP

11.21RIZIN大阪大会、初代フェザー級王者のベルトを賭けて戦う朝倉(左)と斎藤(右)

 11月21日(土)に大阪城ホールにて開催される『RIZIN.25』で、RIZIN初代フェザー級王座決定戦で朝倉未来(28=トライフォース赤坂)と対戦する、第10代修斗世界フェザー級王者の斎藤裕(33=パラエストラ小岩)が自身のYouTubeチャンネルで、朝倉の発言に対し本音を語った。

 11月3日に投稿されたインタビュー形式の動画の中で斎藤は、朝倉の「斎藤はKOされたことがないのでKOしてやろうかなと思う」との発言について「KOというのはタイミングというか、交通事故のようなもので、打撃系の選手同士でやれば、その可能性はある。タイミングで当たれば、当たりどころが悪ければ、一発でいく」と、まさかの認める発言。

多くの強豪を殴り倒してきた朝倉未来

 しかし「彼の打撃をもらって僕が倒れるかもしれないし、僕の打撃で彼が倒れるかもしれないし、そういう意味ではお互い様」と自分が逆に倒す可能性もあると強調。
 お互いKO狙いであれば、双方の比率はフィフティフィフティで、例えに出した“交通事故”で言えば「保険はもらえない全額自己負担」レベルのリスクをお互い負うと、独特な言い回しで答えた。

会見で「今回のタイトル戦で証明されるベルトの価値はあまり高くない」と発言した朝倉

 さらに、朝倉が会見で「今回のタイトルマッチで証明されるベルトの価値ってあまり高くない。今後の世界の強敵を倒してRIZINのベルトの価値を高めていきたい」との発言に対し、斎藤は飄々とした口調で「どういう意図があっての発言か分からないが、それを言っちゃお終いよ、と言う話で。だったら、それに相応しい試合をしようと思わないかなと」と、笑顔で切り返した。

 今年8月の摩嶋一整戦でサッカーボールキックからの顔面ヒザ蹴りでKO勝利を収め、華々しいRIZINデビュー戦を飾った斎藤。

大きなインパクトを残した斎藤のサッカーボールキック。朝倉戦でも見れるか?

 プロデビューから9年間で掴んだビッグチャンスを迎え、「あの一戦から自分の人生が加速した感じがある。朝倉戦に勝つことが今の自分にとって一番大事。勝てるように頑張る」と強い意気込みを見せた。

▼斎藤裕が本音を語る自身のYouTubeチャンネル『朝倉未来と闘う【11.21RIZIN出場】』

☆11.21 RIZIN 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【RIZIN】朝倉未来が初王座戦に余裕「相手じゃない」対する修斗世界王者の斎藤「チャンスは必ずある」

・【RIZIN】修斗王者・斎藤裕がサッカーボールキックからKO勝利、朝倉未来戦は「タイミングが合えば」

・【RIZIN】朝倉未来が貫禄のTKO勝利、横浜大会で元ONE王者の朴光哲と激突へ(試合動画あり)

・朝倉未来がWBA世界王者・京口紘人とボクシングスパー「速い、マジで、さすが世界王者」(動画あり)

・【RIZIN】朝倉未来「五味選手が俺を睨んでいた」多くのファンから期待の声も

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧