TOP > ニュース 一覧

【ムエタイ】BOM王者・石井一成とWPMF王者・片島聡志がWタイトルマッチで激突=12.6横浜

2020/11/06(金)UP

WタイトルマッチでBOM王者の石井(右)とWPMF王者の片島(左)が激突

 12月6日(日)に横浜大さん橋ホールにて開催する『BOM WAVE03 – Get Over The COVID-19』の追加カードが発表された。BOMスーパーフライ級王者の石井一成(イッセイ・ウォーワンチャイ/22=ウォーワンチャイプロモーション)とWPMF世界スーパーフライ級王者の片島聡志(30=フリー)がお互いのベルトを賭けて対戦する。

 この対戦は当初、片島が保持するWPMF世界スーパーフライ級の防衛戦として行われる予定だったが、片島が石井の持つBOMのタイトルも賭けて欲しいと要求。これを石井が承諾したため、Wタイトルマッチが実現する運びとなった。

軽量級とは思えない破壊力あるパンチは石井の武器だ

 石井はアマチュアで14冠を達成してプロデビュー。スピードのあるパンチや鋭いローキックを武器に日本、タイを股にかけ活躍。IBFムエタイ世界フライ級王座、WPMF世界フライ級王座、初代KNOCK OUTフライ級王座など国内外の様々なタイトルを獲得している。
 今年6月の『BOM WAVE01』でHIROYUKI(RIKIX)を下し、BOMのベルトを獲得。10月29日に行われた『NO KICK NO LIFE ~新章~ X DIAMOND FES』ではメインイベントを務め、岩浪悠弥(橋本道場)を相手に、2R TKO勝利を飾った。

強烈なヒジをヒットさせる片島

 対する片島は2011年にデビューし、M-FIGHT、レベルス、ムエタイオープンなど数々の大会に出場。昨年12月にトゥワキョウ・ギャットガムポンを4R TKOで下しWPMF世界スーパーフライ級王座を獲得した。今年9月にはRISEに参戦し、酒井柚樹と引き分けている。

 今大会のその他カードも既に発表されており、日本ムエタイ界の至宝と言われる元ラジャダムナンスタジアムライト級王者・梅野源治 (31=PHOENIX)が1年ぶりの参戦で、WMCインターコンチネンタルスーパーフェザー級王者・キヨソンセン・FLYSKYGYM 30=タイ)と対戦することが注目されている。

●編集部オススメ

・【KNOCK OUT】三度目の対戦を制し、石井一成がKNOCKOUT初代フライ級王座を戴冠

・【ムエタイ】梅野源治が1年ぶり参戦、日本人キラー”毒針エルボー”と対戦=12.6BOM

・【BOM】石井一成がHIROYUKIからダウン奪い王座獲得、名高は新鋭タクトに貫禄の完封勝ち

・【キック】石井一成がヒジ打ちで圧巻KO勝利、福田海斗が本場ムエタイの実力示す、小林愛三は判定勝利=NO KICK NO LIFE

・【M-ONE】首相撲で投げまくった片島聡志が王座返り咲き「息子のために獲った」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧