TOP > ニュース 一覧

【RISE】“リアル孫悟空”瀧谷渉太が元RISE王者・寺戸伸近と引退エキシビション=11.14

2020/11/06(金)UP

“リアル孫悟空”瀧谷(左)が“鉄人”寺戸(右)と引退エキシビションマッチ

 11月14日(土)東京・後楽園ホールで開催されるキックボクシングイベント『RISE 143』の追加カードが発表された。

 今大会で引退セレモニーを行う、アニメ・漫画『ドラゴンボール』の孫悟空をモチーフにした入場パフォーマンスなどで人気だった“リアル孫悟空”こと瀧谷渉太(31=KSS健生館)と、第2代RISEバンタム級王者・寺戸伸近(40=Booch Beat)との引退エキシビションマッチが決定した。この試合は第5試合として、2分1ラウンドにて行われる。

12年1月のKrush-55kgタイトルマッチでも戦った瀧谷(右)と寺戸。王者・瀧谷が飛びヒザ蹴りで71秒KO勝ち、初防衛に成功した

 瀧谷は、18歳だった2007年の全日本新空手K-2GP軽量級で優勝。同年にプロデビューを飾り、初代・第2代Krushスーパー・バンタム級王者として活躍した。2018年からRISEやRIZINなどで戦っていたが、昨年12月に自身のSNSで現役引退することを発表していた。

 また、全試合順も発表され、メインイベントは、9月にスーパーフライ級(-53kg)王者・田丸辰を破り新王者に輝いた大﨑一貴(24=OISHI GYM)とシュートボクシング(SB)の日本バンタム級(52.5kg)王者・川上叶(20=龍生塾)による2団体のプライドを賭けた王者対決に決まった。
 セミファイナルは、スーパーライト級(-65kg)次期挑戦者決定戦となる同級2位タップロン・ハーデスワークアウト(ハーデスワークアウトジム)と同級6位・実方拓海(TSKjapan)の対戦となった。

☆11.14 RISE 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【Krush】王者・瀧谷渉太が寺戸伸近に71秒KO勝利で初防衛=12年1月

・那須川天心が惜別のTKO勝利、”ミスターRISE”裕樹を真っ向勝負で4度倒す

・平田樹のドラゴンボールキャラが話題に=那須川天心、ドネアらも大好き

・【RISE】新王者・大崎一貴が早くも次戦、20歳のシュートボクシング王者・川上叶と王者対決

・【RISE】王者・山田洸誓への挑戦権懸け、”破壊獣”タップロンvs四冠王・実方拓海が対決

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧