TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】王者・朝倉海が堀口恭司との“大晦日決戦”に「日本トップの戦い、歴史的な一戦になる」

2020/11/13(金)UP

「歴史的な一戦になる」と語る朝倉海(右)

 今年の大晦日 12月31日(木)にさいたまスーパーアリーナにて開催される『RIZIN.26』の記者会見が11月13日に行われ、元RIZINバンタム級王者の堀口恭司(30=アメリカン・トップチーム)とのタイトルマッチが決まった現RIZINバンタム級王者の朝倉海(27=トライフォース赤坂)が会見に出席した。

 黒のシャツに紺のジャケット姿に黄金のチャンピオンベルトを肩に掲げ登場した朝倉。「ついにこのカードが決まって、僕自身本当に楽しみ。皆さんも待ち望んでくれてたカードだと思うので、本当に嬉しい。堀口選手は実績も凄いですし、本当に日本の格闘技界を引っ張って来た選手なので、一筋縄ではいかない相手だと思う」と開口一番にコメント。

昨年8月の『RIZIN.18』で、堀口から衝撃的な68秒KO勝利を奪った朝倉海(左)

 続けて「堀口選手が怪我をしている期間、4試合してチャンピオンになって、前回戦っている時よりもさらに強くなった。もう一発ぶっ倒してやろうと思う。この戦いは日本トップの試合になると思うし、歴史的な一戦になると思うので、是非会場に見に来てください」と熱い気持ちを語った。

 ZOOMで会見に参加した堀口が、脚の怪我で長期戦線離脱した中で「現在はコンディションは良い」との発言に対し朝倉は「コンディションがバッチリなら嬉しい。良い試合ができると思う」と素直に喜び、この期間に自分が4試合を経験した事に触れ「本当に強くなっている。元々、去年の大晦日で戦う予定だったが、その時よりもさらに有利になった」とし、対する堀口がブランク明けの復帰戦となることについて「そこは僕が気にすることではない。しっかりと対策を立てて、自分のやりたい事をやってしっかり勝ちにいく」と、目の前の“大一番”に集中している様子を伺わせた。

金屏風の前で榊原代表と並ぶ朝倉海(右)

 昨年8月の『RIZIN.18』で堀口と初対戦し、衝撃的な68秒の秒殺勝利を飾った朝倉。今回の再戦での試合展開を尋ねられると「試合になってみないと分からない。打撃戦で終わる可能性もあるし、寝技だったり、トータルで勝負するかもしれない。どの状況でも勝てる様に準備する」と全局面で堀口と対峙する構えをみせた。

 朝倉は最後に「今回は堀口選手との戦いなので、今年を締めくくるに相応しい激闘になるので、見逃さないで見て欲しい」と強くアピールした。

朝倉vs堀口がメインに

 両者は昨年8月の『RIZIN.18』に、ノンタイトル戦で対戦し、朝倉が1R1分8秒でKO勝利。その試合直後の会見から朝倉は「大晦日にベルトをかけて戦ってほしい」と王者・堀口に対戦を要求し、同年の大みそかに朝倉が挑戦者としてタイトルマッチが決定したが、堀口の十字靭帯を損傷の怪我で中止に。長期戦線離脱のため、堀口は王座を返上した。

会見で堀口の写真を持つ朝倉海

 この王座をかけ朝倉とマネル・ケイプ(アンゴラ)が大みそかに対戦しケイプが勝利したが、UFCに移籍のため返上。今年8月の扇久保との王座戦で朝倉がTKO勝ちし、王者となったため、朝倉と堀口の早期の対戦を熱望する声が多く上がっていた。

☆12.31 RIZIN 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・【RIZIN】大晦日に王者・朝倉海vs堀口恭司のタイトルマッチが決定

・【RIZIN】朝倉海「大晦日に向け酒もやめて追い込み開始」堀口戦が内定か、UFC王座の暁にはメガジムも贈与

・【RIZIN】朝倉海の王座戴冠に元王者・堀口恭司「待っててね」

・【RIZIN】朝倉海、扇久保博正を初回TKO勝利=今年初のRIZIN王者に

・【RIZIN】全試合順決定、メインは朝倉未来vs斎藤裕の王座決定戦=11.21大阪

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧