TOP > ニュース 一覧

【レベルス】ラウェイの渡慶次がラジャ王者の愛弟子・津崎と激突「効かせてぶっ倒す」、鈴木千裕も連戦「必ずKO」=12.6昼夜

2020/11/18(水)UP

津崎善郎vs渡慶次幸平

 12月6日(日)に東京・後楽園ホールで行われる『REBELS.68』、『REBELS.69』の追加対戦カードが発表された。

 12時開始の『REBELS.68』では津崎善郎(LAILAPS東京北星ジム)と渡慶次幸平(クロスポイント吉祥寺)が対戦。

プレッシャーをかけながら蹴りを繰り出す津崎

 津崎は現ラジャダムナンスタジアム・ミドル級王者の石毛慎也を師に持つ実力者で、昨年の「REBELS-MUAYTHAI スーパーウェルター級王座決定リーグ戦」で準優勝。前戦は今年9月の『TITANS NEOS 27』で日本ウェルター級王者のリカルド・ブラボと引き分けている。

 現REBELS-REDスーパーウェルター級王者の吉田英司とは過去3度激闘を繰り広げており、この渡慶次戦を勝利で飾り、来年は悲願のタイトル奪取を成し遂げたいところだ。

今月8日の試合では左目下を大きくカットしている渡慶次

 対する渡慶次はミャンマーラウェイ王者の実績を持ち、今年9月の『KNOCK OUT』でKO勝利でキックデビュー。前戦は今月8日の『REBELS.67』でヒジによるカットでドクターストップによりTKO負けを喫しているが、傷口の回復経過を確認した上で、中4週間での連続出場が決まった。

■津崎善郎コメント
「ラウェイのチャンピオンと試合できるのは楽しみです!必ず勝って、来年のタイトルマッチに繋げます!」

■渡慶次幸平コメント
「11月大会は、ムエタイの強さを文字通り『肌で感じました』。今回も肘有りルール、相手は肘の得意な津崎選手ということで楽しみです。効かせた後に、しっかり息があるか見極めてぶっ倒します。2021年いっぱいで渡慶次は現役選手を引退します。狂戦士の闘いを生で観られるチャンスはあと6試合から8試合だと思います。見ないと損します」

鈴木千裕vs渥美尚也

 また、同日18時開始の『REBELS.69』には鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺)と渥美尚也(HIDE GYM)の対戦が決定。

 鈴木の前戦は渡慶次と同じく今月8日の『REBELS.67』で、わずか77秒で3度のダウンを奪ってKO勝利。試合後のマイクでも本大会への出場をアピールしており、念願の連続参戦となった。

 対する渥美は今回が『REBELS』初参戦。180cmの長身から繰り出すヒザが武器で、2018年にJ-NETWORKウェルター級新人王に輝いている。

■鈴木千裕コメント
「必ずKOします!有言実行します! 会場を一番盛り上げます! 格闘技は倒してなんぼ、判定勝ちなんて狙わない! KO至上主義の“クレイジーブラックダイヤモンド”鈴木千裕の試合を目当てに会場に来てください!さらに進化した“ちひろタイム”をお見せします!」

■渥美尚也コメント
「今回、初めて『REBELS』で試合が決まって嬉しいです。鈴木千裕選手はKO率が高くて強い印象がありますが、インパクトある勝ち方を目指します。応援よろしくお願いします」

≫この大会の詳細


『REBELS.68』追加カード
▼71.5kg契約 3分3R・延長1R REDルール
津崎善郎(LAILAPS東京北星ジム)
vs
渡慶次幸平(クロスポイント吉祥寺)

『REBELS.69』追加カード
▼65.0kg契約 3分3R・延長1R BLACKルール
鈴木千裕(クロスポイント吉祥寺)
vs
渥美尚也(HIDE GYM)※REBELS初参戦

●編集部オススメ

・【レベルス】元ラジャ王者のT-98がヒジ無しで松倉信太郎と激突「ヒジ無しの方が盛り上がる」(T-98)

・【レベルス】バズーカ巧樹と大谷翔司が王者対決、元自衛隊員の大谷「本物のバズーカほどの一発はない」と挑発=12.6

・【レベルス】女子大生になった川島えりさが“再デビュー”「普通の女の子でも輝ける存在感出す」

・【レベルス】12.6昼夜大会のラウンドガール募集、合格者は「マリアパ」モデルにも(写真14枚)

・【映画】“地上最も過激な格闘技”ラウェイのドキュメンタリー『迷子になった拳』特別先行上映=12.4

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」、「」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧