TOP > ニュース 一覧

RIZINとMEGA2021が協力関係に、メイウェザーの対戦候補は朝倉以外に海外選手も示唆

2020/11/22(日)UP

会見でコメントする榊原代表

 11月21日(土)大阪城ホールにて開催された『RIZIN.25』の終了後、RIZINの榊原信行代表が来年2月28日東京ドームにて行われる『MEGA2021』のMEGA製作委員会の徳弘浩平代表が出席し会見を行なった。

 榊原代表は今回の大会に『MEGA2021』も協賛してもらったことを伝え、協力関係をアピール。そして「このコロナ禍で15〜16年ぶりの東京ドームで格闘技の祭典をやろうというのがMEGA実行委員会の志でもあるので、我々もご協力できることがあれば全面的に協力したい」とRIZINからの選手派遣、運営側の協力もしていくと語った。

 一部では既にこの『MEGA2021』で元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(43=米国)vs朝倉未来が決定しているとも報じられたが、MEGA製作委員会の徳弘代表は「メイウェザーvs朝倉未来は決定というわけではなく堀口選手、那須川選手、朝倉海選手、斎藤選手、いろんな選手がいるので、一概に朝倉未来選手とは考えていないです。キックや他の格闘技団体にもオファーを出させていただいている」とまだ検討段階であることを強調した。

MEGA製作委員会の徳弘代表

 今月の『MEGA2021』の発表会見ではメイウェザーの相手は日本人と徳弘代表は言っていたが今日の会見では「日本人に限らないです。外国人になる可能性もあります」と語った。
 メイウェザーはウェルター級(66.6kg)の選手だ。その階級前後の日本人、外国人選手となるとRIZINではやはり朝倉未来か、朝倉に勝ってフェザー級(66kg)新王者となった斎藤だろう。RIZINに限らず、RIZINと協力関係にあるベラトールにも広げると、ベラトールのフェザー級(-65.8kg)王者のパトリシオ・ピットブル・フレイレ(33=ブラジル)がいる。彼は一階級上のライト級(-70.3kg)の王座も保持する同時王者だ。いずれにせよ東京ドームの一戦だ。果たして誰になるのか。榊原氏の今回の会見からはRIZINバンタム級(-61kg)王者の朝倉海がメイウェザーと戦いたいとの要望もあったと話す。夢のある熱くなるようなマッチメイクに期待したい。

●編集部オススメ

・メイウェザーが2.28東京ドームに参戦決定=格闘技イベント「MEGA2021」

・【RIZIN】朝倉未来、斎藤裕に「ダイレクトリマッチでやり返したい」

・【RIZIN】新王者・斎藤裕、朝倉未来とのハイレベル攻防に「紙一重だった」

・【ベラトール】衝撃の1R KO劇!2階級王者パトリシオ・ピットブルが難敵カルバーリョを下し4度目の防衛成功(動画あり)

・朝倉未来と同じフェザー級に“超新星”誕生!“首狩りポーズ”ウィルソンが怒涛KOで7戦全勝(動画あり)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧