TOP > ニュース 一覧

元UFC王者アンデウソン・シウバ、契約解除も「MMAのトップで戦い続けられる」と現役続行を表明

2020/11/24(火)UP

現役を続ける意志があることを口にしたアンデウソン(右)(アンデウソンのインスタグラムより)

 11月1日(日本時間)に開催された『UFC FIGHT NIGHT』でユライア・ホールにTKO負けし、現役引退と考えられていた元UFCミドル級王者のアンデウソン・シウバ(45=ブラジル)が自身の公式SNSにて現役続行の意志を表明した。

 過去7年間で1勝6敗1無効試合と結果が出せず、予てからオクタゴンを去る日が近いと噂されていたアンデウソン。引退試合と言われていた今月のホール戦で複数ダウンする場面があるなど最終的に4RでTKO負けしたが、試合後、アンデウソンは引退について再考すると発言。
 その去就に注目が集まる中、UFCはアンデウソンを正式に契約解除したと20日にTMZスポーツなど複数の海外メディアが報道していた。

ホールのこの右フックでアンデウソンがダウン、パンチの連打でTKO勝利した(getty/Zuffa LLC/UFC)

 渦中のアンデウソンが22日に自身のインスタグラムに投稿したメッセージには「この話にはあまり触れたくなかった。 特に休暇中だし、諺にもあるように“取引は取引”さ。今は引退を強要された後で自由になった気分さ。私は自分のやっていることを愛しているし、これからも変わらない。勝ち負けはその一部に過ぎない。さらに年齢も関係ない。前回(ホール戦)はテクニック的な部分でミスをして負けただけ。戦士の魂も燃え上がる闘志も持ち続けている。自分はまだMMAのトップで戦い続けられると100%信じている。この機会に自分のキャリアを振り返り、次に進む」と、現役続行を宣言した。

 アンデウソンが向かう先は別のメジャー団体か、それとも、日本への再来襲か、注目したい。

●編集部オススメ

・【UFC】アンデウソン・シウバがホールにTKO負け、引退は「帰ってチームと共に考える」(動画あり)

・【UFC】元PRIDE・UFC2団体王者ショーグン、ホワイト社長に引退勧告される「歳を取って弱くなってしまった」

・顔面殴打された元PRIDE戦士ハリトーノフが“重傷”写真をインスタ公開、“戦友”のミルコ・クロコップも応援

・タイソン「何が起こっても不思議じゃない」ジョーンズ「リングで死ねれば本望」“エキシビション”越える戦いとなるか

・タイソンのパンチが劇的に進化、コーチするPRIDE王者ヴァンダレイ&ショーグン“育ての親”「タイソンは“戦いの歴史”そのもの」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧