TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】WBC王者・寺地拳四朗が謝罪文「自宅と間違え敷地に…示談は成立」

2020/11/26(木)UP

WBC世界ライトフライ級7度防衛中の寺地拳四朗が謝罪文発表

 WBC世界ライトフライ級王者の寺地拳四朗(28=BMB)が7月に友人との会食後、酩酊状態となり他人の車を破損したことを26日発売の週刊文春が報じた。寺地は同日、事実関係を認め謝罪文を発表した。

(以下、謝罪文)
 私、寺地拳四朗は、今夏に飲酒を伴う会食後の酩酊状態となり、自宅と間違えて、他人の敷地に立ち入った上、そこに駐車されていた車を破損してしまいました。今月になって警察から呼び出しがあり、その時点で初めて自分が何をしたのか分かった次第です。

昨年12月、このボディで相手をKO、V7を達成。相手は悶絶の表情

 被害者の方には丁重にお詫びして寛大なご配慮を頂き、示談が成立おります。社会人として、自覚に欠けた行動であり、次戦の準備をして頂いていた関係各位には、多大なるご迷惑をおかけして誠に申し訳ございません。今回の不祥事を猛省し、自分自身を見つめ直して参ります。この度は誠に申し訳ございませんでした。
 寺地拳四朗

 寺地は昨年12月に4回TKO勝ちを収め7度目の防衛戦に成功し、日本記録の13度の防衛に自信を見せていた。この謝罪文で触れられていた次戦、12月にも予定されていた同級1位・久田哲也(ハラダ)を迎えての8度目の防衛戦は白紙状態となり、今後への影響は少なくない。
(文:植田洋介)

※寺地拳四朗(28)
1992年1月6日 京都府城陽市出身
戦績:17勝(10KO)無敗
WBC世界ライトフライ級王座7度の防衛に成功。

●編集部オススメ

・【ボクシング】寺地拳四朗がTKO勝利でV7達成、日本記録のV13に自信

・【UFC】マクレガーがバスを襲撃し負傷選手も、警察に出頭

・美女アウトサイダー山崎桃子が暴行の男性を路上で抑え込み、神奈川県警が逮捕

・ジョン・ジョーンズが飲酒運転と銃器の過失使用の疑いで逮捕

・【ボクシング】亀田と元暴走族総長が一触即発に「ここでやんのか!」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧