TOP > ニュース 一覧

【BOM】12.6大会で吉成名高が解説、石井一成、梅野源治、伊藤紗弥ら参戦

2020/12/03(木)UP

ルンピニー・ラジャを統一した吉成がゲスト解説

 12月6日(日)に横浜・大さん橋ホールにて開催されるムエタイ・キックボクシングイベント『BOM WAVE03 – Get Over The COVID-19』では、『ダイヤモンドチケット』によるライブ配信が行われる。

 配信のゲスト解説に、元ルンピニー&ラジャダムナン ミニフライ級王者・吉成名高(19=エイワスポーツジム)が決定した。

 吉成は今年8月の『RIZIN.22』では「分かりやすい試合をしたかった」として鮮烈なKO勝利を収め、10月の『BOM WAVE02』では相手に触れさせず貫禄のKO勝ちを見せた。今回のBOMでは、実況解説者としてムエタイを分かりやすく解説したいと意気込む。

軽量級離れした破壊力あるパンチを放つ石井

 今大会は1日2部制の大会として開催される。第2部のメインは、BOMスーパーフライ級王者の石井一成(イッセイ・ウォーワンチャイ/22=ウォーワンチャイプロモーション)とWPMF世界スーパーフライ級王者の片島聡志(30=フリー)がお互いのベルトを賭けるダブルタイトルマッチ。

 この対戦は当初、片島が保持するWPMF世界スーパーフライ級の防衛戦として行われる予定だったが、片島が石井の持つBOMのタイトルも賭けて欲しいと要求。これを石井が承諾したため、Wタイトルマッチが実現する運びとなった。

 片島はSNSで「これ以上の相手はいないでしょ。この階級で1番と言っても過言ではない選手。そしてベルト以上に価値のある数少ない選手。ただ知名度とか強さとかどぉでも良い。この試合に勝てるならそれで良い。俺は簡単に飲み込まれないよ」と大一番に向け意気込んでいる。

ヒジ打ち一閃でKO勝利する梅野

 第2部セミファイナルでは、元ラジャダムナンスタジアムライト級王者・梅野源治(31=PHOENIX)VS.WMCインターコンチネンタルスーパーフェザー級王者・キヨソンセン・FLYSKYGYM (30=タイ)のライト級戦が行われる。

 梅野は昨年12月のBOMでKO勝ちしBOMライト級王座を獲得以来1年ぶりの試合。相手のキヨソンセンは、”毒針エルボー”の異名を持ち、ヒジ打ちで流血させるなどして、日本人選手を相手に10戦無敗で、日本人キラーと呼ばれたこともある強豪だ。
 SNSで梅野は「今年、タイトル戦が4つもなくなった」「プロになって13年、ここまで試合が空いたことは一度もない。人生はなんでも経験、挑戦」と綴っている。この1年の鬱憤を爆発させるムエタイキングの一戦に注目だ。

伊藤の再起戦も行われる

 また、女子ピン級戦では”ムエタイ才女”伊藤紗弥(21=尚武会)vs祥子・JSK(37=治政舘)が行われる。伊藤は今年2月の『RISE GIRLS POWER 2』で、ミネルヴァ王者・Ayakaに衝撃のKO負け。祥子も今年8月のミネルヴァ戦で判定負けを喫している。互いに這い上がるため、負けられない一戦となる。

 他にも第2部ではタイトルマッチが5つ、第1部でも3つのタイトルマッチが行われ、注目のカードが揃う。

今大会のリングアナ、実況解説陣

 また、今回BOMガールズの吉田明加が舞台出演のため、同じアイドルグループ『Chu-Z』の元メンバーである麻衣愛がゲスト解説で登場。TVドラマ「世にも奇妙な物語」やバラエティ「キングオブコント」、「全力坂」などで活躍する麻衣愛が華やかに大会を盛り上げる。

☆12.6 BOM 対戦カード、イベント情報はこちら

●編集部オススメ

・GACKTとの出会いと合氣道が梅野源治をさらに強くした

・石井一成がHIROYUKIからダウン奪い王座獲得、名高は新鋭タクトに貫禄の完封勝ち

・【RISE】伊藤紗弥が衝撃のKO負け=ページ下部

・伊藤紗弥が計量パス「バチバチに打ち合う」16歳スーパーガール・アンナ「私には武器がいっぱい」

・ぱんちゃん璃奈が計量パス、接戦の祥子との再戦に「本当に自信がある」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧