TOP > ニュース 一覧

【ボクシング】田中恒成の背中に鬼!”オーガ降臨”に井上尚弥も驚きと期待=12.31

2020/12/23(水)UP

田中の背中の筋肉の投稿、井上尚弥や読者から称賛のコメントが並ぶ(田中恒成Twitterより)

 世界3階級王者で現WBO同級1位の田中恒成(25=畑中)の調整は好調のようだ。WBO世界スーパーフライ級王者の井岡一翔(31=Ambition)との大みそか決戦に向け筋肉隆々の背筋ポーズをTwitterで披露、読者からは”背中に鬼の顔”のコメントが相次いだ。

「背中に鬼」といえばグラップラー刃牙の「オーガ」こと範馬勇次郎だ。範馬が本気を出した際に背中がさらに盛り上がり、その筋肉が、「憤怒」の形相の鬼に見える事からその名がついた。

昨年の12月30日の田中(中央)計量、バキバキの筋肉だが、今回は1階級アップしただけに更なるムキムキが期待される

 今年8月にはWBA・IBFバンタム級王者の井上尚弥も懸垂でのトレーニング動画で「背中に鬼の顔」と話題になったことがあるが、その井上尚弥からも「仕上がってるね!!!楽しみにしてるよ」とTwitterで驚きと期待のコメントをも寄せた。

 田中はこの背中の写真と共に「フィジカルトレーニング終了、スパーリング終了、明日からランニングとジムワークで体重の調整段階に入ります」と綴っている。

 この写真について所属ジムの関係者から話を聞くと「田中はもともと筋肉が付きやすい体質。この写真はトレーニングを積み体重を落とし、脂肪が削れてきた試合10日前。ここからさらに脂肪や水分を落とすのでさらにバキバキになっていきます」と語った。

ちなみに話題になった井上尚弥の背中の鬼の顔(今年8月)井上尚弥Twitterより

 昨年のフライからスーパーフライに階級をアップした田中、今回の前日計量では昨年よりもさらに筋肉隆々な身体の仕上がりが期待できそうだ。

 田中はワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)と並ぶプロ最速タイの12戦で3階級制覇をしたスーパーホープ。これに勝てば井岡に次いで日本人男子では2人目の4階級制覇王者となる。

●編集部オススメ

・田中恒成のスピードは驚異的!? 「井岡は大晦日に初めて味わうことになる」(田中陣営)

・井岡一翔、田中恒成との大晦日V2戦に「メリット無い、格の違い見せる」

・井岡の表彰式で目立ちすぎのラウンドガールは、まさかのミスマガジン

・等身大『バキ』と並んだ日本一ビルダー横川尚隆の再現度に「リアル刃牙」「腕が刃牙超え」

・元K-1王者 武居由樹が3月にプロデビュー戦「思っていたより早かった」(武居)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧