TOP > ニュース 一覧

【K-1】”西の悪童”弘輝「僕は常に倒すか倒されるか」対する龍華は「触らせないでKO」

2020/12/23(水)UP

弘輝(左)と龍華(右)がビッグマッチで対戦する(C)K-1

 2021年1月24日(日)東京・国立代々木競技場第一体育館で開催される、K-1年間最大のビッグマッチ『K’FESTA.4』。同大会の[ライト級ワンマッチ]で対戦する、弘輝(23=team ALL-WIN)と 龍華(18=TANG TANG FIGHT CLUB/team JOKER)のコメントが主催者を通じて届いた。

 弘輝は、安保瑠輝也率いるteam ALL-WINの注目ファイターで、”ALL-WINの悪童”と呼ばれている。今年6月のKrushでK-1 JAPAN GROUPに初参戦し、SEIYAを自慢の拳でKO勝利。9月のK-1大阪大会では、朝久泰央と対戦し、朝久のハイキックでKO負けを喫したものの、飛びヒザ蹴りで先制のダウンを奪うなど会場を沸かせた。

朝久とパンチで打ち合う弘輝(左)

 前回の朝久との激闘を「世界トップのファイターとやらせてもらって、負けたんですけど飛びヒザでダウンを取れたし、キャリア的にはムチャムチャいい試合になった」と収穫は大きかったと振り返る弘輝。この試合を経て、練習量や私生活の面でも格闘技に、今まで以上に打ち込むようになったという。

 今回の試合に向けては「勝たないとヤバいし、結果を出したい」との思いが大きいが、弘輝の”倒し倒され”のスタイルは次戦でも見せる構えだ。「判定狙いの選手はいらないし、お客さんも見たくないと思うので、僕は常に倒すか倒されるか、そこは求めていきたい。判定勝ちを狙ってる者同士の試合だったら絶対面白くないから。そんなことやってたらK-1がダメになっちゃいますよ。やっぱりK-1は倒し合いじゃないと」との思いを熱弁する。

常にバチバチの展開を見せる弘輝(右)

 対戦する龍華については「何回か試合を見たことあって、“勢いがあって強いな、この子”と思ってました。メチャクチャ強いでしょ、あの子。K-1甲子園も優勝2回でしょ。スゴいと思います」と強豪だと認識している。だが、「まだ“大人の強さ”は持ってない。フィジカル的にもメンタル的にも。あの子が自分と同い年だったら、たぶん俺は勝てないですよ。でも今の俺とあの子がやるんやったら、俺が勝つ。“大人の力”で叩かしてもらおうと思います」と自信を見せた。

▶次ページは、龍華の試合前コメント「何もさせない・触らせないでKOできたら理想」

●編集部オススメ

・【K-1】”西の悪童”弘輝が6連勝中の龍華と激突「大阪大会以上のインパクトでKO勝ち狙う」=1.24

・【K-1】朝久泰央、鮮烈左ハイキックで失神KO!関西の悪童・弘輝に逆転勝利

・【K-1】武尊がレオナ戦に向け沖縄合宿、砂浜トレに「足パンパン」=1.24代々木

・【ボクシング】元K-1王者 武居由樹が3月にプロデビュー戦「思っていたより早かった」(武居)【ボクシング】元K-1王者 武居由樹が3月にプロデビュー戦「思っていたより早かった」(武居)

・元K-1戦士・平本蓮、MMAデビューで対戦する喧嘩屋・萩原京平に「お前がボコボコにされるだけ、絞め落としてやる」【RIZIN】元K-1戦士・平本蓮、MMAデビューで対戦する喧嘩屋・萩原京平に「お前がボコボコにされるだけ、絞め落としてやる」

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧