TOP > ニュース 一覧

【RIZIN】那須川天心が計量パス、5連続大晦日に向けてバキバキ腹筋をアピール

2020/12/30(水)UP

バキバキな身体に仕上がった天心(左)とロッタンに勝利したムエタイ強豪クマンドーイ(右)

 12月31日(木)にさいたまスーパーアリーナにて開催される『Yogibo presents RIZIN.26』の前日計量が、30日(水)午前10時より行われた。

 明日のセミファイナル[RIZINキックボクシングルール:3分3R ※肘無し]に出場する、那須川天心(22=TARGET/Cygames)はリミットの57kgを56.90kgで、対するクマンドーイ・ペットジャルーンウィット(26=タイ/ペットジャルーンウィット)は56.50kgで、両者とも計量をパスした。

5年連続大晦日参戦の那須川天心

 那須川は今回のRIZINで今年4戦目。今年はRISEで2戦2KO、RIZINでは皇治と戦って圧勝の判定勝ちを収めている。大晦日には5年連続の参戦となる。計量時の写真撮影では、バキバキに仕上がった肉体をアピールした。

 対戦相手のクマンドーイは9歳よりムエタイを始め、ここまでに150戦を経験し、2014年にオムノーイスタジアムでフライ級王座を獲得、2018年にはWBCムエタイ世界スーパーバンタム級王座を3-0(50-47)のフルマークの判定勝利で獲得している(現在は11位)。

 那須川はこれまで、ロッタン・ジットムアンノンやスアキム・PKセンチャイムエタイジムといったようなムエタイの超強豪タイ人と拳を交えてきた。特に、18年に対戦したロッタンとの試合では、延長戦にも及ぶ大激闘になったため、ロッタンはこれまでに那須川を最も追い詰めた選手とも言われた。

ロッタンを倒したムエタイ強豪クマンドーイ

 クマンドーイは昨日のインタビューで「4~5年前の話ですがロッタンに勝ったというのは事実です」と、過去にロッタンに勝利した事実を口にしていた。

 そのクマンドーイについて、那須川は「全体的にバランスも良いですけど、蹴りもパンチも一発一発に重みがある。攻撃力があって、思い切りはあるし、タフだなあという印象。当たったら倒れるパンチ。変なタイミングで倒せることもあって、当て感があってタイミングもうまい」と警戒している。

 実績十分のムエタイの強豪・クマンドーイと、未だ無敗のキック界の最高傑作・那須川の試合はハイレベルな攻防になりそうだ。

<計量結果>

▼第14試合 スペシャルワンマッチ
RIZINキックボクシングルール(57.0kg):3分3R ※肘無し
那須川天心(TARGET/Cygames)→56.90kg
vs
クマンドーイ・ペットジャルーンウィット(タイ/ペットジャルーンウィット)→56.50kg

●編集部オススメ

・【RIZIN】那須川天心、今回のテーマは”次元上昇”「アニメ『AKIRA』のような存在に」

・【RIZIN】大みそか大会のテレビ放送・配信・生中継スケジュール=12.31さいたまスーパーアリーナ

・【RIZIN】浅倉カンナ笑顔で計量パス、あいは鍛えられた上腕二頭筋をアピール

・【RIZIN】山本美憂が”46歳パーフェクトボディ”で計量パス、浜崎朱加と王座戦へ

・【RIZIN】復帰の堀口恭司が計量パス、パワーUPの朝倉海は筋肉バキバキでパス

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでeFight(イーファイト)格闘技情報をフォローしよう!

 

関連動画

関連記事

」をもっと見る



TOP > ニュース 一覧